WORK ターゲットを絞ることで、新たなるカタチを創造!『RYVER S003h』

シンプルフォルムながら強烈インパクトを放つ


C–HRをはじめ、プリウスなどのトヨタハイブリッド系モデルをターゲットにブレーキキャリパーとのクリアランスを徹底的に煮詰め、さらにリム幅&ホイール径も8・5J×19のワンサイズに設定。これにより可能な限りのコーンケーブスタイルを表現したのが、RYVER(レイバー)シリーズの新作「S003h」である。

デザインはシンプルな3本スポークを基に、従来からレイバーシリーズに共通採用されてきたアンダーカット部の切削ラインをあえて廃止。これにより特徴的なスポークデザインをさらに際立たせ、押し出し感の強いC–HRのフォルムにも負けないボリューム感と斬新なスタイルを表現している。

同時に一見平面に見えるスポーク天面も良く見ると、様々なRが交じり合っていることがわかると思う。鏡のように艶やかなミラーカット(切削処理)と相まって、明るい場所では強烈な存在感を、一方、薄暗いシチュエーションなどではシックで上質な輝きを放ちながら足元を煌びやかに演出する。

また、ホイールのセンターエリアは極力コンパクト化した設計により、リムエンド寸前までスポーク長を可能な限り確保。実サイズ以上に大口径イメージを演出することに成功したのである。


RYVER S003h

大胆さと繊細が交わる疑惑のデザイン


対応車種を絞ることで表現できたコーンケーブスタイル。スポーク天面の切削処理は、カラー名の“ミラーカット”にふさわしい仕上がりだ。

流れるようなプレスラインなど、個性的なフォルムのC-HRにとてもマッチしているRYVER S003h。

なおモデル車では約40㎜ローダウン化。組み合わせるタイヤサイズは225/45R19。


 


 


シンプルな3本スポークデザインは、アフターのキャリパーカバーといったドレスアップパーツを装着した際に“見せる”効果も抜群だ。


センターのナットホール周辺を可能な限りコンパクトに設計し“足長スポーク”を表現。


スポークの存在感を際立てるため側面のエリアはペイントで仕上げる。下地にグレー、表面に微小なメタリックを配合し上質な印象を作り出す。


従来から同シリーズに共通する処理法だったアンダーカット部の切削ラインはあえて無くしてシンプル化。これにより特徴的な3本スポークをさらに際立たせた。


購入はこちら

もっと見る

2018/10/03

『JAOS Jeep Renegade』最小限のパーツで個性的なスタイルを実現

Jeep本来の持ち味を際立たすパーツ群

ジープ一族のなかでもどちらかといえば、街乗りSUV的な印象のレネゲード。しかしトップグレードの2・4ℓユニットモデル〝トレイルホーク〞は高い悪路走破性を備えたジープならではのたくましい4×4性能が脈々と受け継がれている。その持ち味をさらに昇格すべく仕立てたのがこの1台だ。
フロントスキッドバーは60・5φのパイプバーとステンレス製プレートにより、悪路走行時に小石などがヒットした際も確実にボディをガードする本格タイプ。ダミーボルトによりボルト止め風を演出するオーバーフェンダーとの組み合わせで武骨な4駆スタイルを構築した。
サスまわりは、純正ダンパー&スプリングにオリジナルスペーサーを組み合わせ、リフトアップ方式を採用。乗り心地&操縦性を阻害せず、タウンライドでも快適なドライブを約束。また、左右2本出しとしたオリジナルマフラーもリヤビューを盛り上げるのに欠かせないアイテムのひとつ。性能面の向上と併せ、上質な大人のサウンドも手に入れることができる。
ジャオス自慢のパーツで武装したこのレネゲード。道幅が狭い林道セクションでも取り回しに優れた全長4・2mのボディと相まって、まだ行ったことのない新境地へと連れていってくれることだろう。

シンプル形状のホイールとジェットホール付きのマッドガードがオフローダーの雰囲気。

フロントスキッドバーにはフォグランプ用装着ブラケットも付属。

スキッドバーはパイプ&スキッドプレートカラーの組み合わせを4タイプから選択可。

FRP製オーバーフェンダーは片側9㎜の出幅に設定。

足まわりは約25㎜のリフトアップを実現するコイルスペーサーを装着。

マフラーはセンターガーニッシュとの同時交換により左右ツインテール仕様にアレンジ。

問:JAOS

TEL:0279-20-5511

http://www.jaos.co.jp

2018/10/09

『MITSUBISHI RVR ACTIVE GEAR』オレンジのアクセントカラーが活動的な雰囲気を演出

メカ関係は一切変更無し

パジェロ、デリカなど三菱を代表するモデルに設定される特別仕様車、アクティブギア。もともと高い機動力を持つモデルにオレンジカラー基調のアクセントを施し、ベースとは一味違う雰囲気を打ち出している。今回設定されたRVR もこの例に漏れず、メカ関係はそのままながら内外装が変わったことで、より一層名前通りの印象に。
ボディカラーは写真の「チタニウムグレー」以外に「ブラックマイカ」「ホワイトパール」も設定する。

ブラック基調にオレンジのステッチをあしらったシートで個性を強調。

アクセントカラーはインパネ回りなども要所要所に展開されている。

2018/10/02

『NISSAN JUKE』個性あふれるロングセラーモデルが小規模な改良を実施

地味に安全性がアップ

日産ファンが待望するジュークのフルモデルチェンジだが、実施は早くても来年以降になりそう。というのも去る5月にマイナーチェンジ、いや小改良を実施したからだ。気になるその内容は一部グレードにハイビーム/ロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を標準化したというもので、他はメカ含め一切変更ない。
デビュー以来基本的にスタイルは無変更。それだけ手を入れるところがないという高い完成度の表れでもある。

バイクをイメージしたというインパネ周辺の新鮮な印象は相変わらず。

対向車が来ると自動でロービームに切り替えるハイビームアシスト。

2018/10/01

『NISSAN JUKE NISMO RS』ニスモの名をあしらった魅力的な高性能バージョン

国産SUV屈指の走行性能

ジュークを日産直系のワークスブランドがプロデュースしたカスタムバージョン、ニスモ。内外装を専用化した通常版と、214 馬力を発生するエンジンや8段変速操作可能なCVT も採用するRS の2 タイプを用意する。どちらも先日のマイナーチェンジでの変更は特になく、デザイン、装備ともども従来通りのラインアップを継承。
ドアミラーに加えてアンダーボディを取り巻く赤いアクセントはニスモのアイデンティティでもある。

写真はパワフルなRS。ステアリングやシートのデザインを見ても本気仕様であることは一目瞭然。240km/hスケールメーターもまた実力の証。

写真はパワフルなRS。ステアリングやシートのデザインを見ても本気仕様であることは一目瞭然。240km/hスケールメーターもまた実力の証。

2018/10/10

『ROADHOUSE KADDIS XTREME FORESTER』今すぐフィールドを目指したくなる疑惑のスタイル

走行性能を阻害しないリフトアップ仕様

ロードハウスが展開するカディスブランドは前頁の「AR4」のほか、さらに本格志向をテーマとした「XTREME」の2つを軸に展開する。その後者に位置するフォレスターバージョンがこれだ。
サスペンションはAR4にも採用する1インチアップコイルをベースに、さらに4インチアップのボディアップキットをセットし約5インチのリフトアップを実現。その押し出し感はフォレスターとは思えない迫力を放っている。
そしてなにより目に付くのが、フロントのカディスファイバープロテクション。これまでの製法ではパイプ部にスチール材を採用するのが主流だったが、デザインの自由度及び個性的なカラー変更ができるという点に着目して、80φ仕様のパイプ部はFRP材で製作。一見スチールにしか見えない仕上がりは、さすがは数々のパーツを手がけてきた同社ならでは。
そのほか、50φのアルミ材で構成されたスパルタンなカディスルーフラックや、強靭なスチールパイプを採用したサイドステップなどにも注目だ。もちろんスタイルだけでなく、木が生い茂る狭い林道や岩場が連続する悪路でもガンガンつき進める高強度を備えている。まさに、冒険の旅にぴったりな1台といえるだろう。

アクセントにも効果的なゲートスポイラー。

遊びのギアもドンと来い!のルーフレールラック。装着には別途システムキャリアが必要。

KADDISボディアップキットによりモノコック車のリフトアップを可能とした。さらにアップコイルにより計5インチアップを実現。

ホイールはオリジナルの“BloodStock 1Piece MBミル”。

イン&アウトレットを備えたFRP製ボンネット。

パイプ径の76.3φの名を持つサイドステップナナロクサン。サイドシルを確実にガード。

問:ROADHOUSE

TEL:048-963-7600

http://www.roadhouse.co.jp