美しく走る姿で 見る人を魅了するアーティシャン『TOYOTA C-HR』

ARTISANSPIRITS SPORTS LINE BLACK LABEL


迫力のロー&ワイド

走る姿は官能的な美しさ


アーティシャン スピリッツのブランドコンセプトは『アクティビティ&デザン』。静止した状態からでも走る姿がイメージできることを追求している。それに基づきながらスポーツラインシリーズでもバンパータイプ、アンダータイプでブランドが細分化されている。このC‐HRもBLACKLABEL仕様で仕立てられている。


BLACKLABELはアンダースポイラーを装着して低さを強調するのが基本。そこに他のエアロパーツを組み合わせ、スポーティ、ワイド、アクティブなど、そのクルマのイメージに合わせたテイストを加味しているのだ。


C‐HRはフロント、サイド、リアの下部がブラック仕上げとなっており、ボディ同色のアンダースポイラーが装着されると、個々のエアロの存在感が際立つ。フロントは10mmリ、サイドはフロント30mm&リア40mmリ、そしてリアは30mm最低地上高が下がるのだが、視覚的効果は数値以上。オーバーフェンダーも15mmほどアーチ部分が下がるので、野獣が獲物を捕らえるべく低く構えた姿勢のような迫力あるスタイルを演出するのだ。街中で見たら誰もが目を奪われることだろう。


地上高を10mm下げて、スポーティなイメージを高めるフロントアンダースポイラー。バンパーサイドのダクト部分に装着されているLEDバンパーガーニッシュもアーティシャンスピリッツのオリジナルアイテムで、片側に3灯のLEDが埋め込まれている。


オーバーフェンダーは10mmワイド仕様で、アーチ部分も15ミリダウンさせるのが特徴。これにより数値以上の変化が期待できるのだ。装着は純性フェンダーカバーを外して取り付ける。車検対応品。


フロント側で30mm、リア側で40ミリ地上高を下げるサイドアンダースポイラー。フロントアンダースポイラーの後部と同じようにカナード風デザインを採用しているのが特徴だ。見た目に重くなりやすいサイドビューをスポーティに演出。


デザインセンスの良さが際立つ、リアアンダーディフューザー。単体でもドレスアップ効果は十二分だが、Z’sスポーツライン デュアル4本出しマフラーと組み合わせれば申し分なし。思わず溜息が出てしまうのは筆者だけではないハズだ!


Price

FRONT UNDER SPOILER 42,000(税別)

SIDE UNDER SPOILER 40,000(税別)

REAR UNDER DIFFUSER 4P  45,000(税別)

REAR GATE SPOILER 35,000(税別)

LED BUMPER GARNISH 2P 38,000(税別)

OVER FENDER KIT 6P 10㎜WIDE 88,000(税別)

Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) HYBRID車用150,000(税別)

Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) TURBO車用162,000(税別)

※3P・4P・5P・6PKIT設定あり。


詳しくはホームページをご覧ください。


購入はこちら

もっと見る

2018/04/24

『トヨタ新型RAV4』3つの顔を携え久しぶりに日本市場で復活!

北米市場戦略車種なので徐々にボディサイズ拡大

トヨタRAV4の初代は1994年5月に〝クロスオーバーSUVのパイオニア〞として正式デビューしている。トヨタの乗用車のコンポーネンツを流用しつつも、スペアタイヤを背面に置くSUV色の強いスタイルと5ナンバーサイズという手ごろさから、日本市場はもとより北米市場でもたちまち大人気となった。見た目だけでなく、ベベルギア式のセンターデフを採用する4WD方式を採用し、山岳路などをアクティブに走ることも可能であったことも人気に拍車をかけた。
2000年に5ナンバーサイズをキープした2代目がデビュー。2005年にデビューした3代目から3ナンバーサイズとなり、日本では3代目までがラインナップされた。
世界市場では2013年に4代目がデビュー。4代目ではハイブリッド仕様も設定された。
そして2018年3月28日午前9時10分(アメリカ東部時間)より、ニューヨーク国際モーターショー会場にて開催された、トヨタブランドのプレスカンファレンスで5代目RAV4がワールドデビューを飾った。

トヨタ新型RAV4「リミテッド」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「XSEハイブリット」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「アドベンチャー」

2019年春発売予定

2018/05/11

ユニバーサルな魅力 ARTISANホイール「CORART A5」

エアロパーツで名を馳せるアーティシャンスピリッツだが、アルミホイールにも力を入れており『CORART』(コラート)ブランドシリーズの第一弾がA5モデルとなる。

普遍とも言える10本スポークデザインにエッジを効かせ、極限まで細くしたスポークで軽量化を実現する2ピースホイール。ディスクには、バフフィニッシュやブラッシュド、ペイント各色およびオプションカラーも用意し、リムはバフアルマイトが標準となるが、こうちらもオプションで5色を用意し、選択肢の広いカスタマイズ性を実現している。20インチは8.0J~12.5J、21インチは8.5J~12.5Jを設定をしており、オーダーインセットにも対応して、幅広いサイズを用意している。

■SIZE
20 × 8.0J 〜12.5J
21 × 8.5J 〜12.5J
■H/P.C.D
5H/100 〜120.65
■PRICE
89,000〜146,000 円(1 本・税抜)

問:アーティシャンスピリッツ

TEL:048-422-4841

http://artisanspirits.co.jp/products/wheel/index.html

2018/05/15

『スバル新型フォレスター』歴代モデルに囲まれ5代目が堂々デビューを果たす

3代目になるぐらいから世界戦略車の頭角を発揮

新型フォレスターが世界初披露されるスバルのプレスカンファレンスが始まる1時間前にスバルブースに到着すると、一番前の予約席以外のフリースペースの席はすでに荷物を置いたりして争奪戦が進んでおり、残り数席となっていた。それだけ新型フォレスターの注目が高いのだと感じた。ステージセンターには天井部に新型フォレスターらしき車種が置かれているコンテナのような箱が置いてあり、そこから新型フォレスターが登場するのは容易に察しがついた。そのステージ中央部を囲むように、現行モデルを含む過去4世代モデルが並んでいた。歴代モデルに囲まれながら、次期型で5代目となるフォレスターがワールドプレミアされた。

スバル新型フォレスター「スポーツ」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ツーリング」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ベースグレード」

2018年6月末日国内正式発表予定

2018/04/23

『TOYOTA C-HR』鋭角的でカッコイイ外観と走りの良さが最先端SUVの証!

峠道での安定性と乗り心地が優れドレスアップのベースにピッタリ

2017年に日本国内で最も多く販売されたSUVはトヨタC -HRであった。全長が4360㎜のボディは、国産SUVの中でも小さな部類に入る。外観の見栄え
を優先させたので、斜め後方の視界は悪いが、最小回転半径が5・2mだから小回りの利きは良い。
外観は彫りの深い彫刻のようなデザインで、人によって好みは分かれるが、遠方からでもC – HRと分かるほど個性的だ。17/18インチタイヤの装着と相まってボディ下側の形状が力強く、C – HRのセールスポイントになっている。
エンジンは直列4気筒1・2ℓのターボ(駆動方式は4WD)と、1・8ℓをベースにしたハイブリッド(前輪駆動の2WD)。エンジンと駆動方式の組み合わせが決まっているから選びにくい面がある。C – HRはシティ派SUVだから、1・2ℓターボの2WDが欲しい。現時点で価格が最も安いグレードは、ターボ&4WDのS – Tで251万6400円だが、2WDを用意すれば229万円といった設定も成り立つ。購入後のドレスアップに費やす予算を増やせる。
1・2ℓターボの動力性能は、自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると1・8ℓクラスだ。実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。
取材のために借りたハイブリッドは、プリウスと同じユニットで、モーター駆動を併用した加速感は滑らかだ。動力性能は1・2ℓのターボと同等だが、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の反応は、モーター駆動の作用でハイブリッドが少し力強い。
しかもハイブリッドのJC08モード燃費は30・2㎞/ℓだから、SUVでは最高峰の数値になる。1・2ℓターボは駆動方式が4WDとあって15・4㎞/ℓにとどまるため、ハイブリッドの燃料代は数値上では約半額で済む。駆動方式の違いもあって、ハイブリッドの価格はターボに比べて12万9600円の上乗せに収まるから、買い得感も強まり人気を高めた。
走行安定性と乗り心地は、全長が4400㎜以下のSUVでは最も優れている。峠道では適度に良く曲がって安定性が優れ、足まわりが柔軟に伸縮して快適だ。
グレード選びは、ドレスアップを前提にすると安価な1・2S -TやハイブリッドSを推奨したいが、ヘッドランプがハロゲン専用になる。そこで特別仕様車のLEDエディションを推奨したい。S – TやSをベースにした仕様も用意され、オプション価格が約15万円のLEDヘッドランプを装着しながら、価格上昇は2万4000円に抑えた。ドレスアップ派にも適した買い得な特別仕様車だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

TOYOTA C-HR Specification
全長×全幅×全高4360㎜×1795㎜×1550㎜
ホイールベース2640㎜
車両重量1440㎏
エンジン形式・排気量直4 ガソリン・1.8ℓ+モーター
最高出力72kW[98PS]/5200rpm(エンジン)・53kW[72PS](モーター)
最大トルク 142N・m[14.5kg・f m]/3600rpm(エンジン)・163N・m[16.6kg・f m(] モーター)
駆動方式FF
ミッション電気式身段変速機
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/50R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・43ℓ
車両本体価格(税別) 263万円(価格帯:233万~263万円)
※スペックは「G」グレード

 

問:トヨタ自動車株式会社

お客様相談センター TEL:0800-700-7700

2018/04/25

DUCKS-GARDEN『CX-5 Type-KF』モデリングのテーマは「スポーティ」&「ダンディズム」

エアロフロントアンダースポイラー01

ヘッドランプ周りに2点のアイテムのほか、アンダースポイラーとフォグガーニッシュの組み合わせにより個性的なフェイスにチェンジ。

エアロサイドアンダースポイラー01

サイドステップはフェンダー下と前後ドア下の片側計3ピース構造とする。後端を純正シルの位置から約50㎜下げローフォルムを演出。

エアロリヤアンダースポイラー01

センターエリアをディフューザー形状とし、サイドにウイングを設けたリヤアンダー。

これにより躍動感のあるスタイリングを表現。

エアロオーバーワイドフェンダー01

ノーマル形状を継承しつつ出幅を10㎜に設定したオーバーフェンダー。

下端部をえぐった形状により立体感溢れる美しいフォルムを作り出す。

エアロルーフスポイラー / エアロリヤーウエストウイング

純正品に追加する方式のルーフスポイラーとリヤウインドウ下に新設したウエストウイングが幅広感を強調。

なおCピラー用カバーは試作品。

Price
ヘッドランプロアーガーニッシュ01 1万800円(未塗装)/1万9440円(塗装済み)
エアロフロントアンダースポイラー01 5万4000円
純正バンパー用フォグランプアッパーガーニッシュ 3万4560円(未塗装)/5万760円(塗装済み)
エアロサイドアンダースポイラー01 4万8600円
エアロリヤーアンダースポイラー01 5万1840円
エアロリヤーウエストウイング 4万9680円(未塗装)/7万1280円(塗装済み)
エアロルーフスポイラー 2万7000円(未塗装)/4万3200円(塗装済み)
エアロオーバーワイドフェンダー01 4万9680円
エアロアイライン01 1万2960円(未塗装)/2万1600円(塗装済み)
KF型用グリルロアーフレーム 2万2680円(未塗装)/3万4560円(塗装済み)
オルガン式アクセルペダルかさ上げオフセットブラケット 7560~1万800円
アルミペダルセット 1万2960~1万8360円
右足フットレスト付きトリムカバー 2万1600円
KF型専用 純正フロントスカッフプレート用アルミカバー 1万4040円
KF型専用 純正リヤースカッフプレート用アルミカバー 1万584円
※表記価格はすべて税込み。塗装済みはWebショップ限定販売。

 

問:ダックスガーデン

TEL:0291-32-6478

www.ducks-garden.co.jp