『TOYOTA HARRIER』2リッターのダウンサイジングターボエンジンを新搭載

スポーティー性も強調


C-HR の上級グレードと価格的に近いこともあって、安定して人気を得ているハリアー。現行型は日本市場専用の3 代目だが、主力のハイブリッドに加えて2リッターターボエンジンも設定するなどグレード展開は積極的。

本革シートやアルミヘアライン加飾で高級感を高めたインパネ周辺など、内外装に漂うプレミアム感も大きな魅力。

スポーティーでありながら上質感漂う乗り味もハリアーの美点。デビュー以来人気に衰えは見られない。


本物感が漂う室内は高級サルーン的な雰囲気も味わえる。


2リッターターボエンジンは直噴システムの採用によってパワーと燃費を両立。


購入はこちら

もっと見る

2018/07/05

RAYS 上品さ際立つラウンドフェイスフォルム『HFULLCROSS Rg5』

ホイールのアウターリムに向け、スポーク部を大きく開いた形状を取り入れることで、SUVのボディにも迫力負けしないボリューム感、そして上質感を備えたのが「Rg5」である。特徴的なスポーク形状は、本来は裏側に配す肉抜き処理を、ディスク部のデザインとしてアレンジしたもの。とくに斜めから見たときの立体造形は、従来のホイールにはないフォルムといえる。またスポークサイドには段差を設けることで奥行き感を表現。ボディ表面に複雑な造形を持つ、昨今の各SUVモデルにも馴染むレイズの自信作である。

美しいコーンケーブを形成するスポーク部。凹型のデザインは本来、裏面に施す肉抜き処理を表面へとアレンジしたものなのだ。

カラーは上のブラッククロームコーティング(BC)と装着写真のダイヤモンドカットサイドセミグロスダークガンメタ(GF)を用意。
価格は5万3000円~。20インチのみ設定する。

問:RAYS

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/06/28

grow リフトアップサス第1弾!『TOYOTA C-HR』

純正ダンパーにドンピシャ設定のスプリング!

コンパクトカーからセダン、各種SUVモデルに対応する多数のエアロ&各種カスタマイズパーツを手がけてきたイーリンク。
同社が展開するパーツブランド「grow(グロウ)」の新アイテムとして加わったのが、このC -HR用「Hi – TensionSpring(ハイテンションスプリング)」シリーズだ。
ネーミングからも察するように、この製品は純正スプリングに対して、少しだけバネレートを高めることで、スプリング本体に張りを持たせてリフトアップする方式を採用する。
もちろんノーマルダンパーと徹底的にマッチングを取った設定なので、乗り心地も損なわず、SUVモデルに望まれるロングドライブ性能といった実用性をしっかりと確保している。
また美しいゴールドペイントのスプリングは、タイヤとフェンダーアーチの透き間からチラりと見えたときの存在を主張するだけのものではない。塗膜の厚さを充分に確保することにより、降雪地域で道路にまかれる融雪剤などによる腐食抑止効果も狙っている。

純正ダンパーとのマッチングを徹底的にテストすることで、乗り心地と操縦安定性を高次元でバランスさせたC-HR用リフトアップスプリング。
バネレートはフロント4kg/㎜、リヤ3.4 kg/㎜。車高アップの寸法は、ノーマル比でハイブリッドモデルが約40㎜。1.2ℓターボモデルが約35㎜となる。

リフトアップスプリング
Hi-Tension(Hi-ten)
価格:4万6800 円

問:イーリンク(grow Div)

TEL:046-244-3102

www.grow-e.co.jp/

2018/07/24

WORK ターゲットを絞ることで、新たなるカタチを創造!『RYVER S003h』

シンプルフォルムながら強烈インパクトを放つ

C–HRをはじめ、プリウスなどのトヨタハイブリッド系モデルをターゲットにブレーキキャリパーとのクリアランスを徹底的に煮詰め、さらにリム幅&ホイール径も8・5J×19のワンサイズに設定。これにより可能な限りのコーンケーブスタイルを表現したのが、RYVER(レイバー)シリーズの新作「S003h」である。
デザインはシンプルな3本スポークを基に、従来からレイバーシリーズに共通採用されてきたアンダーカット部の切削ラインをあえて廃止。これにより特徴的なスポークデザインをさらに際立たせ、押し出し感の強いC–HRのフォルムにも負けないボリューム感と斬新なスタイルを表現している。
同時に一見平面に見えるスポーク天面も良く見ると、様々なRが交じり合っていることがわかると思う。鏡のように艶やかなミラーカット(切削処理)と相まって、明るい場所では強烈な存在感を、一方、薄暗いシチュエーションなどではシックで上質な輝きを放ちながら足元を煌びやかに演出する。
また、ホイールのセンターエリアは極力コンパクト化した設計により、リムエンド寸前までスポーク長を可能な限り確保。実サイズ以上に大口径イメージを演出することに成功したのである。

RYVER S003h
大胆さと繊細が交わる疑惑のデザイン

対応車種を絞ることで表現できたコーンケーブスタイル。スポーク天面の切削処理は、カラー名の“ミラーカット”にふさわしい仕上がりだ。
流れるようなプレスラインなど、個性的なフォルムのC-HRにとてもマッチしているRYVER S003h。
なおモデル車では約40㎜ローダウン化。組み合わせるタイヤサイズは225/45R19。

 

 

シンプルな3本スポークデザインは、アフターのキャリパーカバーといったドレスアップパーツを装着した際に“見せる”効果も抜群だ。

センターのナットホール周辺を可能な限りコンパクトに設計し“足長スポーク”を表現。

スポークの存在感を際立てるため側面のエリアはペイントで仕上げる。下地にグレー、表面に微小なメタリックを配合し上質な印象を作り出す。

従来から同シリーズに共通する処理法だったアンダーカット部の切削ラインはあえて無くしてシンプル化。これにより特徴的な3本スポークをさらに際立たせた。

問:WORK

TEL:06-6746-2859

www.work-wheels.co.jp

2018/10/10

『ROADHOUSE KADDIS XTREME FORESTER』今すぐフィールドを目指したくなる疑惑のスタイル

走行性能を阻害しないリフトアップ仕様

ロードハウスが展開するカディスブランドは前頁の「AR4」のほか、さらに本格志向をテーマとした「XTREME」の2つを軸に展開する。その後者に位置するフォレスターバージョンがこれだ。
サスペンションはAR4にも採用する1インチアップコイルをベースに、さらに4インチアップのボディアップキットをセットし約5インチのリフトアップを実現。その押し出し感はフォレスターとは思えない迫力を放っている。
そしてなにより目に付くのが、フロントのカディスファイバープロテクション。これまでの製法ではパイプ部にスチール材を採用するのが主流だったが、デザインの自由度及び個性的なカラー変更ができるという点に着目して、80φ仕様のパイプ部はFRP材で製作。一見スチールにしか見えない仕上がりは、さすがは数々のパーツを手がけてきた同社ならでは。
そのほか、50φのアルミ材で構成されたスパルタンなカディスルーフラックや、強靭なスチールパイプを採用したサイドステップなどにも注目だ。もちろんスタイルだけでなく、木が生い茂る狭い林道や岩場が連続する悪路でもガンガンつき進める高強度を備えている。まさに、冒険の旅にぴったりな1台といえるだろう。

アクセントにも効果的なゲートスポイラー。

遊びのギアもドンと来い!のルーフレールラック。装着には別途システムキャリアが必要。

KADDISボディアップキットによりモノコック車のリフトアップを可能とした。さらにアップコイルにより計5インチアップを実現。

ホイールはオリジナルの“BloodStock 1Piece MBミル”。

イン&アウトレットを備えたFRP製ボンネット。

パイプ径の76.3φの名を持つサイドステップナナロクサン。サイドシルを確実にガード。

問:ROADHOUSE

TEL:048-963-7600

http://www.roadhouse.co.jp

2018/10/09

『MITSUBISHI RVR ACTIVE GEAR』オレンジのアクセントカラーが活動的な雰囲気を演出

メカ関係は一切変更無し

パジェロ、デリカなど三菱を代表するモデルに設定される特別仕様車、アクティブギア。もともと高い機動力を持つモデルにオレンジカラー基調のアクセントを施し、ベースとは一味違う雰囲気を打ち出している。今回設定されたRVR もこの例に漏れず、メカ関係はそのままながら内外装が変わったことで、より一層名前通りの印象に。
ボディカラーは写真の「チタニウムグレー」以外に「ブラックマイカ」「ホワイトパール」も設定する。

ブラック基調にオレンジのステッチをあしらったシートで個性を強調。

アクセントカラーはインパネ回りなども要所要所に展開されている。