『スバル新型フォレスター』歴代モデルに囲まれ5代目が堂々デビューを果たす

3代目になるぐらいから世界戦略車の頭角を発揮


新型フォレスターが世界初披露されるスバルのプレスカンファレンスが始まる1時間前にスバルブースに到着すると、一番前の予約席以外のフリースペースの席はすでに荷物を置いたりして争奪戦が進んでおり、残り数席となっていた。それだけ新型フォレスターの注目が高いのだと感じた。ステージセンターには天井部に新型フォレスターらしき車種が置かれているコンテナのような箱が置いてあり、そこから新型フォレスターが登場するのは容易に察しがついた。そのステージ中央部を囲むように、現行モデルを含む過去4世代モデルが並んでいた。歴代モデルに囲まれながら、次期型で5代目となるフォレスターがワールドプレミアされた。


スバル新型フォレスター「スポーツ」


2018年6月末日国内正式発表予定


スバル新型フォレスター「ツーリング」


2018年6月末日国内正式発表予定


スバル新型フォレスター「ベースグレード」


2018年6月末日国内正式発表予定


購入はこちら

もっと見る

2018/06/05

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』がSUVの本質を引き立てる

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』

SUVENCER AW5s(180度view)

Size :20×8.5
Hole :5
P.C.D. :114.3
Inset :35
Color :Crystal Black

問:ブリヂストンリテールジャパン

TEL:03-3563-6926

www.bs-awh.ne.jp

2018/05/08

GARAGE VARY『CX-5 Type-KF』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー

フロントリップは純正バンパーの開口部に合わせてAライン形状とし、センターには欧州車的なテイスト漂うスキッドガードデザインを表現。

純正フォグを生かした設計のデイライトパネルと合わせ、CX-5の上品な顔つきをさらにアップグレード。

サイドガーニュシュ

サイドシルの下端にボリュームを与えるサイドガーニッシュ。

これによりSUV特有の腰高感を払拭し、どっしりとしたフォルムを作り出すのだ。

取り付けは両面テープと数本のビスにより行なう方式。

簡単に装着できる点も特筆したい。

リアアンダー

ディフューザーを中心に左右のバックフォグを囲うようにサイドまで周り込んだ部分がリヤアンダーのパーツだ。

つまり複数のパーツで構成されているように見えるが、なんと一体成形なのである。

彫りの深いシャープな造形技術に驚くばかりだ。

リアルーフリップ

上品なテイストのリップ形状を採用。

素材はレース用パーツのマインド宿る(!)平織カーボンのほか、FRP製を用意。

デイライトパネルLED付き

5連のLEDを備えたデイライトパネルは、バンパーセンターの開口部から左右に延びるように配置することでワイド感を表現。

Price
フロントリップスポイラー 3万円
デイライトパネル LED付き 3万8000円
リアルーフリップ 3万5000円(FRP)/5万円(カーボン)
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/05/07

美しく走る姿で 見る人を魅了するアーティシャン『TOYOTA C-HR』

迫力のロー&ワイド
走る姿は官能的な美しさ

アーティシャン スピリッツのブランドコンセプトは『アクティビティ&デザン』。静止した状態からでも走る姿がイメージできることを追求している。それに基づきながらスポーツラインシリーズでもバンパータイプ、アンダータイプでブランドが細分化されている。このC‐HRもBLACKLABEL仕様で仕立てられている。

BLACKLABELはアンダースポイラーを装着して低さを強調するのが基本。そこに他のエアロパーツを組み合わせ、スポーティ、ワイド、アクティブなど、そのクルマのイメージに合わせたテイストを加味しているのだ。

C‐HRはフロント、サイド、リアの下部がブラック仕上げとなっており、ボディ同色のアンダースポイラーが装着されると、個々のエアロの存在感が際立つ。フロントは10mmリ、サイドはフロント30mm&リア40mmリ、そしてリアは30mm最低地上高が下がるのだが、視覚的効果は数値以上。オーバーフェンダーも15mmほどアーチ部分が下がるので、野獣が獲物を捕らえるべく低く構えた姿勢のような迫力あるスタイルを演出するのだ。街中で見たら誰もが目を奪われることだろう。

地上高を10mm下げて、スポーティなイメージを高めるフロントアンダースポイラー。バンパーサイドのダクト部分に装着されているLEDバンパーガーニッシュもアーティシャンスピリッツのオリジナルアイテムで、片側に3灯のLEDが埋め込まれている。

オーバーフェンダーは10mmワイド仕様で、アーチ部分も15ミリダウンさせるのが特徴。これにより数値以上の変化が期待できるのだ。装着は純性フェンダーカバーを外して取り付ける。車検対応品。

フロント側で30mm、リア側で40ミリ地上高を下げるサイドアンダースポイラー。フロントアンダースポイラーの後部と同じようにカナード風デザインを採用しているのが特徴だ。見た目に重くなりやすいサイドビューをスポーティに演出。

デザインセンスの良さが際立つ、リアアンダーディフューザー。単体でもドレスアップ効果は十二分だが、Z’sスポーツライン デュアル4本出しマフラーと組み合わせれば申し分なし。思わず溜息が出てしまうのは筆者だけではないハズだ!

Price
FRONT UNDER SPOILER 42,000(税別)
SIDE UNDER SPOILER 40,000(税別)
REAR UNDER DIFFUSER 4P  45,000(税別)
REAR GATE SPOILER 35,000(税別)
LED BUMPER GARNISH 2P 38,000(税別)
OVER FENDER KIT 6P 10㎜WIDE 88,000(税別)
Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) HYBRID車用150,000(税別)
Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) TURBO車用162,000(税別)
※3P・4P・5P・6PKIT設定あり。

詳しくはホームページをご覧ください。

問:アーティシャンスピリッツ

TEL:048-422-4841

http://www.artisanspirits.co.jp/car-lineup/toyota/c-hr/chr_sl-bl/index.html

2018/05/09

『RAYS HFULLCROSS Rp5』スポーツマインドを秘めたNEWスタイル!

走りのパフォーマンスを全身で表現したフォルム!

装着モデルとして登場するC -HRをはじめ、ホンダヴェゼルなどといった、いわゆるクーペSUV系車種が持つ、スポーティでスタイリッシュなモデルへのマッチングを徹底的に考慮して象られたのが「Rp5」である。
一見、シンプルなツインスポークホイールに映るが、スポーク部をじっくり見ていただくとわかるとおり、ホイールセンターに向かってわずかに〝ひねり〞を加えたアンシンメトリーデザインとなっていることに気付くはずだ。これらの工夫によって、あたかもホイールが回転しているような動きを感じさせる、独特のルックスを表現している。
また、スポークのインサイド面は肉抜き部をあえて見せる一方、外側はなだらかな曲線で構成することで、シャープで力強いフォルムを作り出すことに成功した。
SUVにもスポーティな走りを望むユーザーにピッタリの1本に仕立てている。

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA HARRIER装着

問:レイズ

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/04/24

『トヨタ新型RAV4』3つの顔を携え久しぶりに日本市場で復活!

北米市場戦略車種なので徐々にボディサイズ拡大

トヨタRAV4の初代は1994年5月に〝クロスオーバーSUVのパイオニア〞として正式デビューしている。トヨタの乗用車のコンポーネンツを流用しつつも、スペアタイヤを背面に置くSUV色の強いスタイルと5ナンバーサイズという手ごろさから、日本市場はもとより北米市場でもたちまち大人気となった。見た目だけでなく、ベベルギア式のセンターデフを採用する4WD方式を採用し、山岳路などをアクティブに走ることも可能であったことも人気に拍車をかけた。
2000年に5ナンバーサイズをキープした2代目がデビュー。2005年にデビューした3代目から3ナンバーサイズとなり、日本では3代目までがラインナップされた。
世界市場では2013年に4代目がデビュー。4代目ではハイブリッド仕様も設定された。
そして2018年3月28日午前9時10分(アメリカ東部時間)より、ニューヨーク国際モーターショー会場にて開催された、トヨタブランドのプレスカンファレンスで5代目RAV4がワールドデビューを飾った。

トヨタ新型RAV4「リミテッド」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「XSEハイブリット」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「アドベンチャー」

2019年春発売予定