『スバル新型フォレスター』歴代モデルに囲まれ5代目が堂々デビューを果たす

3代目になるぐらいから世界戦略車の頭角を発揮


新型フォレスターが世界初披露されるスバルのプレスカンファレンスが始まる1時間前にスバルブースに到着すると、一番前の予約席以外のフリースペースの席はすでに荷物を置いたりして争奪戦が進んでおり、残り数席となっていた。それだけ新型フォレスターの注目が高いのだと感じた。ステージセンターには天井部に新型フォレスターらしき車種が置かれているコンテナのような箱が置いてあり、そこから新型フォレスターが登場するのは容易に察しがついた。そのステージ中央部を囲むように、現行モデルを含む過去4世代モデルが並んでいた。歴代モデルに囲まれながら、次期型で5代目となるフォレスターがワールドプレミアされた。


スバル新型フォレスター「スポーツ」


2018年6月末日国内正式発表予定


スバル新型フォレスター「ツーリング」


2018年6月末日国内正式発表予定


スバル新型フォレスター「ベースグレード」


2018年6月末日国内正式発表予定


購入はこちら

もっと見る

2018/05/08

GARAGE VARY『CX-5 Type-KF』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー

フロントリップは純正バンパーの開口部に合わせてAライン形状とし、センターには欧州車的なテイスト漂うスキッドガードデザインを表現。

純正フォグを生かした設計のデイライトパネルと合わせ、CX-5の上品な顔つきをさらにアップグレード。

サイドガーニュシュ

サイドシルの下端にボリュームを与えるサイドガーニッシュ。

これによりSUV特有の腰高感を払拭し、どっしりとしたフォルムを作り出すのだ。

取り付けは両面テープと数本のビスにより行なう方式。

簡単に装着できる点も特筆したい。

リアアンダー

ディフューザーを中心に左右のバックフォグを囲うようにサイドまで周り込んだ部分がリヤアンダーのパーツだ。

つまり複数のパーツで構成されているように見えるが、なんと一体成形なのである。

彫りの深いシャープな造形技術に驚くばかりだ。

リアルーフリップ

上品なテイストのリップ形状を採用。

素材はレース用パーツのマインド宿る(!)平織カーボンのほか、FRP製を用意。

デイライトパネルLED付き

5連のLEDを備えたデイライトパネルは、バンパーセンターの開口部から左右に延びるように配置することでワイド感を表現。

Price
フロントリップスポイラー 3万円
デイライトパネル LED付き 3万8000円
リアルーフリップ 3万5000円(FRP)/5万円(カーボン)
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/11/30

『JAOS C-HR』C-HR=SUVとの「当たり前」をルックス面でも強烈アピールする出来映え

ガードパイプまで融合させたデザインが秀逸なフロントバンパーガード。

性能のみならずデザインや質感も満足度抜群のBATTLEZ マフラー・ZS チタン。

問:JAOS

TEL:0279-20-5511

http://www.jaos.co.jp

2018/04/25

DUCKS-GARDEN『CX-5 Type-KF専用』スカッフプレート

スカッフプレート(CX-5 Type-KF専用)

サイドシル内側の内装トリムの曲面に合わせて造形されたオリジナルのスカッフプレート。

表目のエンボス加工により上質感を演出。

 

問:ダックスガーデン

TEL:0291-32-6478

www.ducks-garden.co.jp

2018/12/03

『DUCKS-GARDEN C-HR』キラキライメージも伴った存在感の大きさは半端ない

問:ダックスガーデン

TEL:0291-32-6478

www.ducks-garden.co.jp

2018/04/25

様々な要素を考慮し研究を重ねた機能美がSUVの本質を引き立てる『BRIDGESTONE SUVENCER AW5s』

SUVの特徴を強調すべく光の反射までも研究&開発

スポークタイプのアルミホイールは、その本数でイメージが大きく異なるし、例え同じ本数でも太さや形状の違いで全くの別物となる。ブリヂストンからリリースされているSUV用アルミホイール『AW5S』は5本スポークを採用するが、その意図とは…?
SUVの特性のひとつとなっている『スポーツテイスト』は絶対に外せない。そしてオンロードの都会的な要素とオフロードのクロスカントリー的な要素を両立しつつ、繊細さと力強さを兼ね備える…。いくつかの相反する要素を取り入れるとスポークには、それなりの太さが求められ、結果として大小を巧みに取り入れた5本スポークを採用しているのだ。
大小の組み合わせとした理由のひとつは、クルマのボディデザインに理由がある。ヴェゼルやハリアー、CX5など人気モデルはボディシルエットがシンプルで、光が当たった時にキレイに反射されるのが魅力。それをスポークに取り入れるため大きなスポークでフラットな面としたとのこと。
他にも近年流行っている『ひねり』を取り入れたり、大きいスポークのフラット面が単調にならぬようリムエンドに段差を付けて高級感を演出したり、細部まで徹底的にこだわって作られているのだ。

SUVENCER AW5s スパークシルバー(SS)

ディスクサイズは15、16、17、18、19、20インチの6タイプ。
カラーはそれぞれにスパークシルバーとクリスタルブラックが設定されている。

SUVENCER AW5s クリスタルブラック(CB)

ディスクサイズは15、16、17、18、19、20インチの6タイプ。
カラーはそれぞれにクリスタルブラックとスパークシルバーが設定されている。

SUVENCER AW5s(color:SS) with TOYOTA C-HR

SUVENCER AW5s(color:SS) with MAZDA CX-5

問:ブリヂストンリテールジャパン

TEL:03-3563-6926

www.bs-awh.ne.jp