『SUBARU FORESTER』5世代目に突入したスバルSUVの中核モデル

スタイルは変化の程がわかりにくいぐらい完全なキープコンセプト。それだけ先代が好評だった証でもある。

先代よりも質感が高められた室内はインパネ形状も立体的に変わりイメージチェンジ。視界の良さもポイント。


走破性能&ユーティリティーで確固たる地位を築いた


5月に先行予約がスタートした新型フォレスター。一見するとマイナーチェンジかと思ってしまうぐらいスタイルの変更は小さいが、もちろんフルモデルチェンジゆえ内容は一新。プラットフォームからパワーユニットまですべてが新しくなっている。

バリエーションに関しては当初2・5リッターのみとの噂も出ていたが、フタを開けてみれば国内仕様には2リッターハイブリッドも用意。ただし先代までのターボは消滅したため、事実上、これが後を継ぐ形となった。パワーはそれぞれ184馬力、145馬力&13・6馬力(モーター分)。すべて4WDと組み合わせ、トランスミッションもCVTのみとなる。

新世代プラットフォームSGPがもたらす高度な走行性能、アイサイトツーリングアシストやドライバーモニタリングシステムなどの先進安全装備、一部グレードで最低地上高220㎜を確保した走破性能など、まさに「万能」と呼べそうな仕上がりのSUVだ。


オフロードユースを意識したスポーティーグレード「X-BREAK」。


ルーフレールや17インチタイヤで外観を逞しくコーディネート。


体をしっかりホールドする形状のシートで長時間運転での疲労も抑える。


最大部で1300mmの開口幅を確保したラゲッジスペースで使いやすさに配慮。もちろん容量的にも不足はない。


購入はこちら

もっと見る

2018/07/05

RAYS 上品さ際立つラウンドフェイスフォルム『HFULLCROSS Rg5』

ホイールのアウターリムに向け、スポーク部を大きく開いた形状を取り入れることで、SUVのボディにも迫力負けしないボリューム感、そして上質感を備えたのが「Rg5」である。特徴的なスポーク形状は、本来は裏側に配す肉抜き処理を、ディスク部のデザインとしてアレンジしたもの。とくに斜めから見たときの立体造形は、従来のホイールにはないフォルムといえる。またスポークサイドには段差を設けることで奥行き感を表現。ボディ表面に複雑な造形を持つ、昨今の各SUVモデルにも馴染むレイズの自信作である。

美しいコーンケーブを形成するスポーク部。凹型のデザインは本来、裏面に施す肉抜き処理を表面へとアレンジしたものなのだ。

カラーは上のブラッククロームコーティング(BC)と装着写真のダイヤモンドカットサイドセミグロスダークガンメタ(GF)を用意。
価格は5万3000円~。20インチのみ設定する。

問:RAYS

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/10/12

『ROADHOUSE KADDIS AR OUTLANDER』最小限のパーツで個性を引き出す!

スマートに乗りこなせる1インチアップスタイル

ネーミングの「AR4」とは、〝オールラウンド4WD〞の略。そのテーマに基づき、普段使いから休日のアウトドアの相棒としてステージを問わず使えるオールマイティさを備えたのが、アウトランダーベースのこの車両だ。
サスペンションは、1インチのリフトアップを可能とする、カディスアップコイルを装着。タイヤは、強靭な構造を持つBFグッドリッチ製オールテレーンの組み合わせとなる。さらにカディスAR4オーバーフェンダーキットにより迫力の足元を作り上げた。「AR4」のスタイルアップは、この3つのアイテムを基本に構成されているのである。
またオーバーフェンダー装着時の構造変更に必要な〝構造変更用ウインカー移設キット〞にも注目したい。フロントバンパーの両端に追加する方式の丸型ウインカーを内蔵したパネルキットは、純正フォグランプと相まって個人的にはパジェロやランサーなどの三菱エボリューションシリーズにも共通す〝強さを感じさせる顔つき〞と思えた。
ノーマルはどちらかといえばおとなしい印象のアウトランダー。しかしロードハウスの手に掛かれば…ワクワク感を全身で表現した魅力溢れる1台に大変身する。

ボンネットは大型インテークを備えフレッシュエアを導入。

さらにサイドには熱気排出用の多段式エアアウトレットが備わる。ダクト周囲の塗り分けもポイント。なお塗装は別途となる。

フォグランプ上の丸型レンズ周辺のパーツが“構造変更用ウインカー移設キット”。純正品のように自然なフォルムを構築する。

腰高なSUVでは荷物を積む際にバンパーにキズを付けがち。貼るだけでプロテクター機能とドレスアップを兼ねるアイテムも用意。

オーバーフェンダーの出幅はフロント25㎜、リヤ20㎜。

スプリングは1インチアップを実現するカディスアップコイル。

問:ROADHOUSE

TEL:048-963-7600

http://www.roadhouse.co.jp

2018/10/03

『JAOS Jeep Renegade』最小限のパーツで個性的なスタイルを実現

Jeep本来の持ち味を際立たすパーツ群

ジープ一族のなかでもどちらかといえば、街乗りSUV的な印象のレネゲード。しかしトップグレードの2・4ℓユニットモデル〝トレイルホーク〞は高い悪路走破性を備えたジープならではのたくましい4×4性能が脈々と受け継がれている。その持ち味をさらに昇格すべく仕立てたのがこの1台だ。
フロントスキッドバーは60・5φのパイプバーとステンレス製プレートにより、悪路走行時に小石などがヒットした際も確実にボディをガードする本格タイプ。ダミーボルトによりボルト止め風を演出するオーバーフェンダーとの組み合わせで武骨な4駆スタイルを構築した。
サスまわりは、純正ダンパー&スプリングにオリジナルスペーサーを組み合わせ、リフトアップ方式を採用。乗り心地&操縦性を阻害せず、タウンライドでも快適なドライブを約束。また、左右2本出しとしたオリジナルマフラーもリヤビューを盛り上げるのに欠かせないアイテムのひとつ。性能面の向上と併せ、上質な大人のサウンドも手に入れることができる。
ジャオス自慢のパーツで武装したこのレネゲード。道幅が狭い林道セクションでも取り回しに優れた全長4・2mのボディと相まって、まだ行ったことのない新境地へと連れていってくれることだろう。

シンプル形状のホイールとジェットホール付きのマッドガードがオフローダーの雰囲気。

フロントスキッドバーにはフォグランプ用装着ブラケットも付属。

スキッドバーはパイプ&スキッドプレートカラーの組み合わせを4タイプから選択可。

FRP製オーバーフェンダーは片側9㎜の出幅に設定。

足まわりは約25㎜のリフトアップを実現するコイルスペーサーを装着。

マフラーはセンターガーニッシュとの同時交換により左右ツインテール仕様にアレンジ。

問:JAOS

TEL:0279-20-5511

http://www.jaos.co.jp

2018/07/29

FUJI SPECIAL BRAND MITO 『ここに来ればどんなタイヤ&ホイールもバッチリOK!!』

タイヤ&ホイールのどんな要望にも確かな技術で対応

北関東自動車道路・水戸南ICを降りてすぐ、国道6号線沿いに位置する茨城県下2番目の店舗「フジ スペシャルブランド水戸店」。クルマでのアクセス性に優れた立地もあって1年前のオープン以来、休日ともなればフル回転状態のピットも珍しくないぐらい大人気。「技術&低価格」が売りのプロショップならではだ。
「スペシャルブランドはフジの中でも少し高級指向、上質感やシックな雰囲気を打ち出した店舗になります」。と及川健マネージャー。実際、ゆったりした店内には数々の商品が見やすく展示されており、落ち着いたカラーコーディネートもあってじっくり選べる雰囲気。ピットに目を向ければリフト2台に
24インチまで作業可能なタイヤチェンジャーをはじめ各種最新機器が待機、それを総勢7人のスペシャリストが扱うとくれば、タイヤ&ホイール選びに迷ったらここに行こう、と多くの人が考えるのも納得である。
「わからないことはどんどん聞いてみて下さい。要望をおっしゃっていただければお客様に最適な組み合わせをご提案致します」。展示されているホイールは実に常時300種以上!足を運べばきっとお気に入りが見つかる。

商品数の多さにもかかわらずゆったりした雰囲気が漂う店内。じっくりと品定めできる。

的確なアドバイスで迷える人に最適な組み合わせを提案する及川マネージャー。まさしくプロフェッショナル。

充実した設備&スタッフが完璧な作業を保証

まだオープン後1年というピカピカ店舗なだけあってピットもご覧の通り。オープンスペースで作業確認も容易。

青いプレートが持ち上がる埋め込み式リフトを2台設置。未作業時のスッキリ感は支柱がないタイプならでは。

最新式のタイヤチェンジャー。実に24インチというビッグサイズにまで対応が可能。

交換作業で必需品のナット類は作業しやすいよう一つの棚にキッチリまとめられている。

在庫スペースとなっている2階とのアクセスは効率良くベルトコンベアーで行う。

最新式のホイールバランサーが寸分の狂いもないウエイトバランスをもたらす。

ホイールのカスタマイズも提案!

DIY可能なホイールペイントの紹介。こうした遊び心あふれる展示もフジの魅力。

及川マネージャー(中央)を筆頭に親切&気さくなスタッフが勢揃い。タイヤ&ホイールに関することなら一から十まで知っている。

問:タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド水戸店

TEL:029-247-8880

www.fujicorporation.com/shop/

2018/11/26

『BMW X2』スポーティー&コンパクトな新型クーペライクSUV

日本でも大人気獲得間違いなしのコンパクトな仕上がり

BMWのモデル名は基本的に奇数がセダン系、偶数がクーペ系という割り当てになっており、それはSUVを表す「X」シリーズも変わらない。というわけで、このほどデビューしたX2は、ラインアップ中、最もコンパクト&ベーシックなモデル、X1のクーペバージョン。このあたり、X3に対するX4、X5に対するX6という流れを踏襲している。
メカ関係は基本的にX1と変わりなく、日本仕様は1・5リッター直3ガソリンターボ+7速DCTの「18i」、2リッター直4ガソリンターボ+8速ATの「20i」を用意。駆動方式は前者が前輪駆動の2WDのみ、後者はこれに4WDも加わる。ヨーロッパ仕様ではさらに2タイプのチューンが施された2リッターディーゼルターボも選べるが、日本に導入されるかどうかは未定。
スタイリッシュなボディに高い実用性、そして比較的手頃なサイズと、売れ筋となる要素は十分揃っている注目のニューモデルだ

基本的にはX1がベースのスポーティーバージョン的位置付けだけあって、実用性より走りを優先した設計。とはいえ利便性も十分なレベルを確保。

スタイル的には若干背の高いステーションワゴンといった感じ。

低重心設計によってダートでの安定感は相当なレベルを実現。

ドライバー最優先の設計が貫かれた質感高いインパネ周辺。モニターは6.5/8.8インチの2タイプを設定。

リヤシートは左右/中央それぞれ3分割で前倒しが可能。ラゲッジスペースをキメ細かく変化させられる。

実用性を優先したX1より小さくなってはいても470リットルの容量を確保したというラゲッジスペース。

日本仕様のエンジンは1・5/2リッターガソリンとなる。

ミッションは7速DCTもしくは8速ATをセット。