『NISSAN X-TRAIL』オフロードSUVに準じた走破力を備え3列シート車も選べる高人気の実力派

車高を下げるだけでなく高めるチューニングにも適する


SUVの中で安定して堅調に売れている車種がエクストレイルだ。初代モデルは2000年に発売され、アウトドアなどで使いこなせるタフなSUVとして人気を得た。分類上は前輪駆動をベースにした4WDを備えるシティ派だが、直線基調の外観を含めてオフロードSUV風の価値を高めた。

現行型は2013年に発売された3代目で、初代や2代目とは異なり外観に丸みを持たせた。それでも荷室に汚れを落としやすい防水加工を施すなど(ハイブリッドを除く)、タフなSUVの特徴は継承している。

エンジンは直列4気筒2ℓで、ノーマルタイプとハイブリッドがある。4WDの車両重量を売れ筋グレードで見ると、ノーマルエンジンが1540㎏、ハイブリッドが1580㎏だ。ボディが少し重いからパワフルではないが、実用的な加速力などに不満はない。

そしてJC08モード燃費はノーマルエンジンが15・6㎞/ℓ、ハイブリッドは20㎞/ℓだ。ハイブリッドの数値はノーマルエンジンの128%にとどまり、実用燃費もさほど良くないので、売れ筋はノーマルエンジンになる。

乗り心地は少し硬めだが、粗い印象はなく、走行安定性は2ℓエンジンを搭載したミドルサイズSUVとしては優れている。機敏に良く曲がる性格ではないが、4輪の接地性が高く、危険を避ける時でも運転の難しい状態には陥りにくい。

また4WDは電子制御される多板クラッチによって後輪に駆動力を伝える方式で、締結力を強めるロックモードも装着した。205㎜の最低地上高と相まって、走破力を向上させている。この素性を考えると、車高を下げるだけでなく、高めるチューニングを施して走破力を一層強化する楽しみ方にも適するだろう。

ボディサイズは全長が4690㎜、全幅は1820㎜だから、2ℓエンジンを搭載したSUVでは意外に大きい。2ℓを超えるCX – 5やアウトランダーと同程度だ。

そのために車内は広く、前席だけでなく、後席の頭上と足元にも十分な空間がある。ノーマルエンジン搭載車には、荷室にコンパクトな折り畳み式の補助席を装着した7人乗りも用意され、短距離であれば多人数の乗車も可能だ。

このようにエクストレイルは、前輪駆動ベースながら悪路の走破力にも配慮して、車内が広いためにミニバン的な価値観も兼ね備える。ファミリーからオフロード派のユーザーまで、幅広いニーズに応えている。高速道路の運転を支援するプロパイロットなど、先進的な機能も魅力だ。


フロントビュー


サイドビュー


リアビュー


NISSAN X-TRAIL Specification

全長×全幅×全高4690㎜×1820㎜×1740㎜

ホイールベース2700㎜

車両重量1450㎏

エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・2ℓ+モーター

最高出力108kW[147PS]/6000rpm(エンジン)・30kW[41PS](モーター)

最大トルク 207N・m[21.1kg・f m]/4400rpm・160N・m[16.3kg・f m(] モーター)

駆動方式AWD

ミッションエクストロニックCVT

サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式

ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ225/65R17

使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ

車両本体価格(税別) 286万9000円(価格帯:203万5000~356万円)

※スペックは「2.0X HYBRID 4WD」グレード


 


問:日産自動車株式会社


お客さま相談室 TEL:0120-315-232


購入はこちら

もっと見る

2018/04/23

『MITSUBISHI ECLIPSE CROSS』SUVが得意な三菱の技術力を結集して開発されたコンパクトサイズの新型車

操舵角に応じて車両の向きが正確に変わり運転の楽しさを満喫

三菱はSUVが得意なメーカーだ。第二次世界大戦直後にジープのノックダウン生産を開始して、1982年には初代パジェロを大ヒットさせた。その後、乗用車でも4WDスポーツセダンのランサーエボリューションを開発し、4輪制御技術をさらに進化させた。
今の三菱を象徴する車種がエクリプスクロスだ。2018年3月に発売された新型車で、やや大きめサイズのボディに、三菱の最先端技術を豊富に搭載する。
エンジンは直列4気筒1・5ℓのターボになる。動力性能は自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると2・4ℓクラスで、実用回転域の駆動力に余裕があるから運転しやすい。発進直後の1500回転前後から十分な駆動力が発揮され、4000回転からは速度上昇が活発化するスポーティ感覚も併せ持つ。
プラットフォームは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値を含めてアウトランダーやRVRと共通だ。基本設計が古く軽量化を図る上では不利だが、熟成が進んで効果的な補強を施した。スポット溶接の間に構造用接着剤を塗布したり、ストラットタワーバーを装着するなど改善を加えた。
そのためにアウトランダーやRVRに比べて、操舵感や走行安定性が向上した。ハンドルを切り始めた時から、車両は舵角に対して忠実に向きを変え、カーブを曲がり始めた後も旋回軌跡を拡大させにくい。
その一方でカーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したりブレーキペダルを踏む操作を強いられても、後輪の接地性が高く安心できる。仮に横滑りを生じても、挙動変化が穏やかで対処しやすい。車両の挙動が唐突に変わらないから同乗者も快適だ。
このようにエクリプスクロスはボディ剛性を高めて挙動変化の素性が良く、購入後にチューニングを施しても優れた結果を得やすい。基本性能を入念に高めたため、さらに高い効果を期待できる。乗り心地は少し硬いが、タイヤが路上を細かく跳ねる動きは抑え込んだから、不快に感じない。速度が高まると快適になる性格は、欧州車風ともいえる。
この優れた走りを支える技術のひとつが、4輪制御のS – AWCだ。カーブを曲がる時は、必要に応じて内側の前輪にブレーキを作動させ、車両を積極的に回り込ませる。ボディを入念に造り込んだからこそ、この制御も十分な効果を発揮して、エクリプスクロスが備える走りの総合力を高めた。雰囲気が地味で選択の決め手に欠ける印象はあるが、運転すると良さを実感できる。車内が広いことからファミリーカーにも適する。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MITSUBISHI ECLIPSE CROSS Specification
全長×全幅×全高4405㎜×1805㎜×1685㎜
ホイールベース2670㎜
車両重量1550㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・1. 5ℓ+ターボ
最高出力110kW[150PS]/5500rpm
最大トルク240N・m[24.5kgf・m]/2000-3500rpm
駆動方式AWD
ミッションINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/55R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万6000円(価格帯:234万5000~286万6000円
※スペックは「G Plus Package.」グレード

 

問:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車お客様相談センター TEL:0120-324-860

2018/05/11

ユニバーサルな魅力 ARTISANホイール「CORART A5」

エアロパーツで名を馳せるアーティシャンスピリッツだが、アルミホイールにも力を入れており『CORART』(コラート)ブランドシリーズの第一弾がA5モデルとなる。

普遍とも言える10本スポークデザインにエッジを効かせ、極限まで細くしたスポークで軽量化を実現する2ピースホイール。ディスクには、バフフィニッシュやブラッシュド、ペイント各色およびオプションカラーも用意し、リムはバフアルマイトが標準となるが、こうちらもオプションで5色を用意し、選択肢の広いカスタマイズ性を実現している。20インチは8.0J~12.5J、21インチは8.5J~12.5Jを設定をしており、オーダーインセットにも対応して、幅広いサイズを用意している。

■SIZE
20 × 8.0J 〜12.5J
21 × 8.5J 〜12.5J
■H/P.C.D
5H/100 〜120.65
■PRICE
89,000〜146,000 円(1 本・税抜)

問:アーティシャンスピリッツ

TEL:048-422-4841

http://artisanspirits.co.jp/products/wheel/index.html

2018/05/10

『CRIMSON MG DEMON』US 4×4カスタムルックをSUVの足元にインストール

クリムソンが考案するSUVホイール第2章

2000年代初頭は多くの車種で大口径ホイールが望まれたラグ系カスタムが盛り上がっていった時代だ。各自動車メーカーのSUV系車種も、かつての武骨さを払拭し洗練されたフォルムのモデルが次々に現われた時期と重なる。それに合わせクリムソンも4×4やSUV系にマッチするラグテイストを表現した〝マーテル〟シリーズをいち早く展開。しかしカスタムの世界はスタイリングテーマの移り変わりも実に敏感であることも事実。そうした熱いファンのさらなる要求に応えるべく同シリーズの派生モデルとして誕生させたのが「MGシリーズ」だった。
ネーミングの頭文字〝M〟はマーテルを指す。〝G〟はギアの意味。その名には4×4&SUV専用、加えてこれら車種の悪路走破性や重い車体を受け止める丈夫な道具の意味合いも秘めている。「MGシリーズのスタイリングテーマは、アメリカントラックや4×4モデルなどのカスタムホイールに見る煌びやかさとワイルド感の表現。しかしその中に都会的なセンスも持ち込むことで日本車や輸入車にもマッチするよう仕上げました」と、開発担当の西村さん。

各部表面処理で個性的なフェイスを表現

①センターキャップとディスク部にわずかな透き間があるがこれは計算のうちである。“浮遊感”を表現することで立体的なフォルムを構築したのだ。
②ディスク部に埋め込んだ“ビッグピアスボルト”により、足元に力強さを与える。またアウターリムにはリブを設けることでスパルタンなルックスをさらに盛り上げる。
③ディスク面に与えられたホールの角はマシニング加工を施し立体的なフォルムを表現。

MG DEMON

アメリカンカスタムホイールを連想させる丸型ホールデザインを採用した1 ピースホイール。

カラーは深々としたツヤを放つブラックサイドマシニングだ。

STREET LOCKでカスタマイズ

ストリートロックをアウターリムに装着することで、“ビードロックスタイル”を楽しめるパーツも用意。

カラーはハイパーシルバー/ブラック/レッドの3 タイプをオプション設定。

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA LANDCRUISER装着

問:クリムソン

TEL:06-6180-1511

www.crimson-inc.co.jp/

2018/04/25

DUCKS-GARDEN『CX-5 Type-KF』モデリングのテーマは「スポーティ」&「ダンディズム」

エアロフロントアンダースポイラー01

ヘッドランプ周りに2点のアイテムのほか、アンダースポイラーとフォグガーニッシュの組み合わせにより個性的なフェイスにチェンジ。

エアロサイドアンダースポイラー01

サイドステップはフェンダー下と前後ドア下の片側計3ピース構造とする。後端を純正シルの位置から約50㎜下げローフォルムを演出。

エアロリヤアンダースポイラー01

センターエリアをディフューザー形状とし、サイドにウイングを設けたリヤアンダー。

これにより躍動感のあるスタイリングを表現。

エアロオーバーワイドフェンダー01

ノーマル形状を継承しつつ出幅を10㎜に設定したオーバーフェンダー。

下端部をえぐった形状により立体感溢れる美しいフォルムを作り出す。

エアロルーフスポイラー / エアロリヤーウエストウイング

純正品に追加する方式のルーフスポイラーとリヤウインドウ下に新設したウエストウイングが幅広感を強調。

なおCピラー用カバーは試作品。

Price
ヘッドランプロアーガーニッシュ01 1万800円(未塗装)/1万9440円(塗装済み)
エアロフロントアンダースポイラー01 5万4000円
純正バンパー用フォグランプアッパーガーニッシュ 3万4560円(未塗装)/5万760円(塗装済み)
エアロサイドアンダースポイラー01 4万8600円
エアロリヤーアンダースポイラー01 5万1840円
エアロリヤーウエストウイング 4万9680円(未塗装)/7万1280円(塗装済み)
エアロルーフスポイラー 2万7000円(未塗装)/4万3200円(塗装済み)
エアロオーバーワイドフェンダー01 4万9680円
エアロアイライン01 1万2960円(未塗装)/2万1600円(塗装済み)
KF型用グリルロアーフレーム 2万2680円(未塗装)/3万4560円(塗装済み)
オルガン式アクセルペダルかさ上げオフセットブラケット 7560~1万800円
アルミペダルセット 1万2960~1万8360円
右足フットレスト付きトリムカバー 2万1600円
KF型専用 純正フロントスカッフプレート用アルミカバー 1万4040円
KF型専用 純正リヤースカッフプレート用アルミカバー 1万584円
※表記価格はすべて税込み。塗装済みはWebショップ限定販売。

 

問:ダックスガーデン

TEL:0291-32-6478

www.ducks-garden.co.jp

2018/05/22

GARAGE VARY『CX-5 KE前期専用』フォグランプパネル

フォグランプパネル(CX-5 KE前期専用)

純正バンパーに後付けするだけで、欧州車テイストの顔つきに変えられるのがこの製品の特徴。取り付けも両面テープで貼るだけとお手軽だ。

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp