巧みなデザインで躍動感を強調するアーティシャンスピリッツ『LEXUS NX F SPORT』

ARTISANSPIRITS SPORTS LINE BLACK LABEL


カーボン仕様も設定!バーフェンは2サイズ


エアロパーツのブランドとして確固たる地位を築いているアーティシャンスピリッツ。写真をみればボディラインを活かした一体感あるフォルムを実現しながらも非常にスポーティだと理解できよう。


その高級感には凄味すら覚える。同ブランドがコンセプトとしているのは「フィッティングの良さ」と「ハイクオリティ」であること。アフターマーケットには精度が低くて装着することさえままならぬエアロは少なくない。


アーティシャンスピリッツならそんな心配は皆無で、メーカーの純正品のように素晴らしいフィッティングと高品質を誇るのだ。


ラインナップされている主なアイテムはフロントアンダースポイラーとサイドアンダースポイラー、リアアンダーディフューザー、リアゲートスポイラー、リアルーフスポイラー、オーバーフェンダーの6点。FRP製だがフロントアンダースポイラーとリアゲートスポイラー、リアルーフスポイラーは本カーボン仕様も設定されている。さらにオーバーフェンダーは10mmワイドと35mmワイドの2サイズをラインナップするなど、幅広いユーザーニーズに応えている。全てを装着したら、熱い視線を浴びること間違いなし!


『BLACK LABEL』はアンダースポイラーで構成されたスポーティブランドで、アンダースポイラーは必須アイテムのひとつ。純正サイドステップの底面に穴あけ加工して取り付け、フロント30mm、リア35mmのダウンを実現。


純正リアバンパーの底面に装着するリアアンダーディフューザー。30mmダウンスタイルで迫力あるリアビューを演出する。300用と300h用の設定あり。


10mmワイド仕様のオーバーフェンダー。アーチ部分も20mmのダウンとなるので、数値以上のワイド&ローを実現する。ちなみに別画像の車両は35mmワイドを装着している。好みで選べるのはユーザーにとって嬉しい配慮だ


カーボン調ではなくて、本物のウェットカーボンを採用したミラーカバー。小さなアイテムだが、これだけでも見た目のイメージは大きく変わる。さらなる高級感を追求するなら是非とも装着した


Price

FRONT UNDER SPOILER※(F SPORT バンパー専用) 52,000(税別)

SIDE UNDER SPOILER 6P  65,000(税別)

REAR UNDER DIFFUSER 2P(300) 55,000(税別)

REAR UNDER DIFFUSER(300h) 55,000(税別)

REAR GATE SPOILER※ 42,000(税別)

REAR ROOF SPOILER※ 32,000(税別)

OVER FENDER KIT 6P 10mmWIDE 98,000(税別)

OVER FENDER KIT 6P 35mmWIDE 128,000(税別)

CARBON MIRROR COVER 35,000(税別)

※カーボン設定あり。※3P・4P・5P・6P・KIT設定あり。


詳しくはホームページをご覧ください。


購入はこちら

もっと見る

2018/05/15

『スバル新型フォレスター』歴代モデルに囲まれ5代目が堂々デビューを果たす

3代目になるぐらいから世界戦略車の頭角を発揮

新型フォレスターが世界初披露されるスバルのプレスカンファレンスが始まる1時間前にスバルブースに到着すると、一番前の予約席以外のフリースペースの席はすでに荷物を置いたりして争奪戦が進んでおり、残り数席となっていた。それだけ新型フォレスターの注目が高いのだと感じた。ステージセンターには天井部に新型フォレスターらしき車種が置かれているコンテナのような箱が置いてあり、そこから新型フォレスターが登場するのは容易に察しがついた。そのステージ中央部を囲むように、現行モデルを含む過去4世代モデルが並んでいた。歴代モデルに囲まれながら、次期型で5代目となるフォレスターがワールドプレミアされた。

スバル新型フォレスター「スポーツ」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ツーリング」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ベースグレード」

2018年6月末日国内正式発表予定

2018/05/14

『RAYS HFULLCROSS Rg5』アクティブ&エレガントな1本!

柔らかなラウンドフェイスが足元を力強く演出

アウターリムに向けて、大きく広がりを見せるスポーク形状を取り入れることで、ボディサイドのマスが大きなSUVモデルにセットした際にも迫力負けしないボリューム感を備えたのが「Rg5」である。
ホイールのセンターに向かい大きくラウンドするコーンケーブデザインのスポーク部は、本来はスポークの裏に配す肉抜き処理を、表面のデザインのひとつとしてアレンジしたもの。とくに斜めから眺めたときの立体造形はこれまでのホイールにはない個性を打ち出していることがわかるはずだ。
見ようによってはゴツく、その一方でエレガントな印象をも放つフォルムは、アウトドアフィールドでもオフィスが立ち並ぶ都心においても、しっくり溶け込む絶妙なスタイルを表現することに成功している。
国産車はもちろん、輸入車オーナーにもチョイスして欲しい一品といえる。

For NISSAN X-TRAIL装着

For MAZDA CX-5装着

For BMW X1装着

問:レイズ

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/04/23

『NISSAN X-TRAIL』オフロードSUVに準じた走破力を備え3列シート車も選べる高人気の実力派

車高を下げるだけでなく高めるチューニングにも適する

SUVの中で安定して堅調に売れている車種がエクストレイルだ。初代モデルは2000年に発売され、アウトドアなどで使いこなせるタフなSUVとして人気を得た。分類上は前輪駆動をベースにした4WDを備えるシティ派だが、直線基調の外観を含めてオフロードSUV風の価値を高めた。
現行型は2013年に発売された3代目で、初代や2代目とは異なり外観に丸みを持たせた。それでも荷室に汚れを落としやすい防水加工を施すなど(ハイブリッドを除く)、タフなSUVの特徴は継承している。
エンジンは直列4気筒2ℓで、ノーマルタイプとハイブリッドがある。4WDの車両重量を売れ筋グレードで見ると、ノーマルエンジンが1540㎏、ハイブリッドが1580㎏だ。ボディが少し重いからパワフルではないが、実用的な加速力などに不満はない。
そしてJC08モード燃費はノーマルエンジンが15・6㎞/ℓ、ハイブリッドは20㎞/ℓだ。ハイブリッドの数値はノーマルエンジンの128%にとどまり、実用燃費もさほど良くないので、売れ筋はノーマルエンジンになる。
乗り心地は少し硬めだが、粗い印象はなく、走行安定性は2ℓエンジンを搭載したミドルサイズSUVとしては優れている。機敏に良く曲がる性格ではないが、4輪の接地性が高く、危険を避ける時でも運転の難しい状態には陥りにくい。
また4WDは電子制御される多板クラッチによって後輪に駆動力を伝える方式で、締結力を強めるロックモードも装着した。205㎜の最低地上高と相まって、走破力を向上させている。この素性を考えると、車高を下げるだけでなく、高めるチューニングを施して走破力を一層強化する楽しみ方にも適するだろう。
ボディサイズは全長が4690㎜、全幅は1820㎜だから、2ℓエンジンを搭載したSUVでは意外に大きい。2ℓを超えるCX – 5やアウトランダーと同程度だ。
そのために車内は広く、前席だけでなく、後席の頭上と足元にも十分な空間がある。ノーマルエンジン搭載車には、荷室にコンパクトな折り畳み式の補助席を装着した7人乗りも用意され、短距離であれば多人数の乗車も可能だ。
このようにエクストレイルは、前輪駆動ベースながら悪路の走破力にも配慮して、車内が広いためにミニバン的な価値観も兼ね備える。ファミリーからオフロード派のユーザーまで、幅広いニーズに応えている。高速道路の運転を支援するプロパイロットなど、先進的な機能も魅力だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

NISSAN X-TRAIL Specification
全長×全幅×全高4690㎜×1820㎜×1740㎜
ホイールベース2700㎜
車両重量1450㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・2ℓ+モーター
最高出力108kW[147PS]/6000rpm(エンジン)・30kW[41PS](モーター)
最大トルク 207N・m[21.1kg・f m]/4400rpm・160N・m[16.3kg・f m(] モーター)
駆動方式AWD
ミッションエクストロニックCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ225/65R17
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万9000円(価格帯:203万5000~356万円)
※スペックは「2.0X HYBRID 4WD」グレード

 

問:日産自動車株式会社

お客さま相談室 TEL:0120-315-232

2018/05/08

GARAGE VARY『CX-5 Type-KF』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー

フロントリップは純正バンパーの開口部に合わせてAライン形状とし、センターには欧州車的なテイスト漂うスキッドガードデザインを表現。

純正フォグを生かした設計のデイライトパネルと合わせ、CX-5の上品な顔つきをさらにアップグレード。

サイドガーニュシュ

サイドシルの下端にボリュームを与えるサイドガーニッシュ。

これによりSUV特有の腰高感を払拭し、どっしりとしたフォルムを作り出すのだ。

取り付けは両面テープと数本のビスにより行なう方式。

簡単に装着できる点も特筆したい。

リアアンダー

ディフューザーを中心に左右のバックフォグを囲うようにサイドまで周り込んだ部分がリヤアンダーのパーツだ。

つまり複数のパーツで構成されているように見えるが、なんと一体成形なのである。

彫りの深いシャープな造形技術に驚くばかりだ。

リアルーフリップ

上品なテイストのリップ形状を採用。

素材はレース用パーツのマインド宿る(!)平織カーボンのほか、FRP製を用意。

デイライトパネルLED付き

5連のLEDを備えたデイライトパネルは、バンパーセンターの開口部から左右に延びるように配置することでワイド感を表現。

Price
フロントリップスポイラー 3万円
デイライトパネル LED付き 3万8000円
リアルーフリップ 3万5000円(FRP)/5万円(カーボン)
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/04/23

GARAGE VARY『CX-5 Type-KE』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー TYPE-Ⅱ

センターエリアにアンダーガードをイメージさせるリブデザインを象っていた1作目に対し、スッキリとした形状に改められたT-2シリーズ。

リップ部の両サイドの出幅も、より拡大することでスポーティな顔つきを作り出している。

サイドガーニッシュ

現行モデルのKF型で得たデザインをフィードバックしたサイドガーニッシュ。

純正の素地パネルにアクセントを入れることで、ボディサイドの面積が広いSUVモデルに伴う“上下の間延び感”を払拭するのである。

リアアンダー

フロントと同様にバンパーのサイドまで回り込むデザインとし素地の部分をカバー。

これによりシャープな印象を作り出す。

フロントグリル

専用ガーニッシュ&ハニカムメッシュを採用したグリルキット。

なおレーダーセンサー装着車は一部機能に支障をきたす場合もあり。

オーバーフェンダー

約15㎜の出幅と共に、アーチ部も約20㎜下げることでワイド&ローフォルムとするオーバーフェンダー。

リアルーフリップ

純正ルーフスポイラーの上からカバーする方式により、流麗なフォルムを形成するスポイラーキット。

スポイラー端の部分を極力薄くデザインすると同時にわずかにロールアップさせたスタイルがスポーティな印象を増強!

Price
フロントリップスポイラーTYPE-Ⅱ  3万円
フロントグリル 3万5000円(FRP)/7万円(カーボン)
リアルーフリップ 3万円
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp