grow 待望の『T32後期型X-TRAIL』用パーツDebut!

FRONT GRILLE


3万4800円(未塗装) 別途:単色塗装代1万3000円/塗り分け塗装代2万5000円

T32エクストレイルの後期型では、ニッサン車のアイデンティティのひとつVモーショングリルのエリアが大型化されている。その利点を最大限に生かし、純正グリルと丸ごと交換することで迫力のフェイスを実現。3本のルーバーの表面には細めなリブ処理を設けることで、立体的なフォルムとシャープな印象を構築。なお純正のアラウンドビューモニター有無し車、どちらにも適合。


EYE LINE


1万3000円(未塗装) 別途:単色塗装代8000円

販売中の前期型用ではストレート形状を主体としたデザインだったが、新作の後期型用ではヘッドライト内のレンズカットに合わせたスタイルを採用。これにより独特な顔つきを作り出すことに成功した。もちろんフィッティング性も同社ならではの高いクオリティにより抜群!


購入はこちら

もっと見る

2018/10/29

『BMW X5』先代イメージを踏襲しつつ内容は大幅な進化を果たした

日本導入は来年の予定

6 月6 日に発表されたばかりの最新SUV。全長/全幅/全高ともサイズアップ、5m 近いボディに最新のフルデジタル式メーターパネルを搭載、「オペレーティングシステム7.0」と呼ぶカスタマイズ可能な操作系などキープコンセプトながら内容は一新。エンジンは直6・3 リッターガソリンはじめ4 タイプ。将来的にはPHV 仕様も導入予定。
軽量化も果した新型プラットフォーム採用がもたらす走行性能の進化は要注目ポイント。

上下2段開閉タイプのテールゲートを採用しユーティリティは高い。

デザインそのものは従来同様BWWらしいテイストでまとめられている。

2018/10/26

『Honda CR-V』2モーター式ハイブリッドを引っ提げて日本市場に帰還

3 列・7 人乗りを新設定

ホンダSUV の元祖でもあるCR-V が2 年ぶりに帰ってくる。ポジション的に被るヴェゼルの人気もあって一昨年日本での販売を中止したが、最近の市場の盛り上がり、さらに3 列シートモデルを希望する声に対応すべく再度展開。日本仕様は1.5 リッターガソリンターボに2 リッターハイブリッドの2 本立て。それぞれ2WD / 4WD を用意する。

i-MMDハイブリッドはモーター駆動が基本となるため非常に滑らか。

余裕あるボディサイズだけに使い勝手は文句なし。7人乗りはなおさらだ。

2018/10/24

『TOYOTA C-HR』より手頃なグレードを追加して人気No.1の座を不動に

大幅な変更は一切なし

昨年の国内SUV 市場で販売台数No.1 の実績を記録したヒットモデル、C-HR が一部改良。これまで4WD だけだった1.2リッターターボエンジンに2WDを追加、従来より購入しやすい価格帯からのスタートとなった。他にもすべての光源をLED 化した大型ヘッドライト、流れるように光るシーケンシャルウインカーの標準化も図っている。
写真のネビュラブルーメタリックはじめツートーンも含めて全16カラーを設定。

2018/10/03

『JAOS Jeep Renegade』最小限のパーツで個性的なスタイルを実現

Jeep本来の持ち味を際立たすパーツ群

ジープ一族のなかでもどちらかといえば、街乗りSUV的な印象のレネゲード。しかしトップグレードの2・4ℓユニットモデル〝トレイルホーク〞は高い悪路走破性を備えたジープならではのたくましい4×4性能が脈々と受け継がれている。その持ち味をさらに昇格すべく仕立てたのがこの1台だ。
フロントスキッドバーは60・5φのパイプバーとステンレス製プレートにより、悪路走行時に小石などがヒットした際も確実にボディをガードする本格タイプ。ダミーボルトによりボルト止め風を演出するオーバーフェンダーとの組み合わせで武骨な4駆スタイルを構築した。
サスまわりは、純正ダンパー&スプリングにオリジナルスペーサーを組み合わせ、リフトアップ方式を採用。乗り心地&操縦性を阻害せず、タウンライドでも快適なドライブを約束。また、左右2本出しとしたオリジナルマフラーもリヤビューを盛り上げるのに欠かせないアイテムのひとつ。性能面の向上と併せ、上質な大人のサウンドも手に入れることができる。
ジャオス自慢のパーツで武装したこのレネゲード。道幅が狭い林道セクションでも取り回しに優れた全長4・2mのボディと相まって、まだ行ったことのない新境地へと連れていってくれることだろう。

シンプル形状のホイールとジェットホール付きのマッドガードがオフローダーの雰囲気。

フロントスキッドバーにはフォグランプ用装着ブラケットも付属。

スキッドバーはパイプ&スキッドプレートカラーの組み合わせを4タイプから選択可。

FRP製オーバーフェンダーは片側9㎜の出幅に設定。

足まわりは約25㎜のリフトアップを実現するコイルスペーサーを装着。

マフラーはセンターガーニッシュとの同時交換により左右ツインテール仕様にアレンジ。

問:JAOS

TEL:0279-20-5511

http://www.jaos.co.jp

2018/07/26

ARTISAN SPIRITS その存在感はまさに世界最高峰『LEXUS LX570』

躍動感あるスタイルでスポーツマインドを刺激

ご存じのようにレクサスLX570はランドクルーザー200をベースとしたモデルだ。マルチテレインセレクトやクロールコントロール、アクティブトラクションコントロールなど最先端のドライビングサポートテクノロジーを満載し、ステージを問わずに圧倒的なパフォーマンスを誇る。中身こそ堅牢で骨太な本格的四駆なのだが、優雅さを備えた高級感溢れるビジュアルで、その存在感は海外の高級SUVをも凌駕。紛れもない世界最高峰のSUVと言えよう。そんなLX570でもとなりに並んだら大人しく見えてしまうクルマがある。それがアーティシャンスピリッツの『ブラックレーベル』ブランド製エアロパーツを纏ったLX570だ。
エクステリアの主だった装着パーツはフロントハーフスポイラーとリアハーフスポイラー、バンパーガーニッシュ&オーバーフェンダー、リアゲートスポイラー、ミラーカバーの6点。純正のボディラインを活かしつつ、部分ごとにエッジを効かせ立体感を演出しているのが特徴だ。エアダクト調のデザインなど、細部の作り込みが非常に巧みで高級感や躍動感を大幅に高めている。秀逸なデザインに加えて、とても丁寧で丈夫な作りも見逃せないポイントだ。

横長のスピンドルグリルに合わせて、スポイラー下部に重なりを持たせているのがポイント。見た目の安定感とスポーティ感を演出している。

下部に施されたディフューザーに目を引かれる。ノーマルは非常にあっさりとしたデザインなので、こちらの方が断然お洒落で高級感がある。

バンパーガーニッシュのエッジを効かせた立体感のあるデザインが、フロントマスクに高級感と躍動感を演出。デザイン上の要と言えるアイテムだ。

純正のリアフェンダーはブリスター調だが、そのラインを崩すことなく45㎜ワイド化を実現。エアダクト調デザインが良いアクセントとなっている。

カッティングシートによる「調」ではなく、リアルカーボンで作られたミラーカバー。やはり本物は質感が別物だ。純正に被せるだけの簡単装着。

Price
FRONT HALF SPOILER  ¥120,000(税別)
REAR HALE SPOILER  ¥120,000(税別)
BUMPER GARNISH 2P&OVER FENDER KIT 6P ¥240,000(税別)
REAR GATE SPOILER※  ¥50,000(税別)
CARBON MIRROR COVER  ¥80,000(税別)
※カーボン設定あり。詳しくはホームページをご覧ください。

問:アーティシャンスピリッツ

TEL:048-422-4841

http://artisanspirits.co.jp/