grow 待望の『T32後期型X-TRAIL』用パーツDebut!

FRONT GRILLE


3万4800円(未塗装) 別途:単色塗装代1万3000円/塗り分け塗装代2万5000円

T32エクストレイルの後期型では、ニッサン車のアイデンティティのひとつVモーショングリルのエリアが大型化されている。その利点を最大限に生かし、純正グリルと丸ごと交換することで迫力のフェイスを実現。3本のルーバーの表面には細めなリブ処理を設けることで、立体的なフォルムとシャープな印象を構築。なお純正のアラウンドビューモニター有無し車、どちらにも適合。


EYE LINE


1万3000円(未塗装) 別途:単色塗装代8000円

販売中の前期型用ではストレート形状を主体としたデザインだったが、新作の後期型用ではヘッドライト内のレンズカットに合わせたスタイルを採用。これにより独特な顔つきを作り出すことに成功した。もちろんフィッティング性も同社ならではの高いクオリティにより抜群!


購入はこちら

もっと見る

2018/10/01

『NISSAN JUKE NISMO RS』ニスモの名をあしらった魅力的な高性能バージョン

国産SUV屈指の走行性能

ジュークを日産直系のワークスブランドがプロデュースしたカスタムバージョン、ニスモ。内外装を専用化した通常版と、214 馬力を発生するエンジンや8段変速操作可能なCVT も採用するRS の2 タイプを用意する。どちらも先日のマイナーチェンジでの変更は特になく、デザイン、装備ともども従来通りのラインアップを継承。
ドアミラーに加えてアンダーボディを取り巻く赤いアクセントはニスモのアイデンティティでもある。

写真はパワフルなRS。ステアリングやシートのデザインを見ても本気仕様であることは一目瞭然。240km/hスケールメーターもまた実力の証。

写真はパワフルなRS。ステアリングやシートのデザインを見ても本気仕様であることは一目瞭然。240km/hスケールメーターもまた実力の証。

2018/10/15

『JAOS X-TRAIL』本格フィールドで培ったノウハウを踏襲

本来の車種キャラクターを存分に際立てる

初代や2代目(T30&31型)のスクエアなフォルムに対し、スタイリッシュに変貌した3代目エクストレイルは、これまでSUV車を選択肢になかった新たなユーザーを取り入れることに成功した1台。しかしその一方で、かつてのスタイルが好みの人には、少しもの足りなさを感じさせるのも事実だった。だが、このジャオスの車両はそんなファンたちをも満足させるクロスカントリーテイストに満ちた仕上がりを見せる。
本格フィールド向けに開発された〝ジャオススキッドバーシリーズ〞を彷彿とさせるパイプ形状(半円)のフロントバーは、ABS製メッキガーニッシュで表現されたハーフスポイラー一体型のエアロパーツ。純正フロントバンパーの中央下側部に被せるだけで、力強さみなぎる顔つきを作り出す。
また純正ルーフスポイラーに、左右から分割式のパーツを被せる方式としたエアロアイテムにも注目。保安基準の範囲内で、可能な限り大型の翼端板を象ることで迫力のリヤビューを構築することに成功した。このほかにマフラーやオーバーフェンダー、リフトアップスプリングなどもラインアップ。T32エクストレイルをトータルカスタマイズできる環境がついに完成した!

タワーバーはアルミオーバルパイプにリアルカーボンを焼き付けた軽量高剛性タイプ。

純正スポイラーの左右に被せるウイングがスポーティ感を増強。

マフラーは2本出しオーバルテールスタイル。素材はステンレス。

両面テープでの簡単装着を実現した6ピース構成のオーバーフェンダー。こちらもダミーボルトによるビス止め風を再現。

サススプリングは素材にチタンを配合し、しなやかな乗り味を提供。

フラップを巻上げ固定できるマッドガードがスパルタン。

問:JAOS

TEL:0279-20-5511

http://www.jaos.co.jp

2018/07/19

RAYS 躍動感溢れる‘‘ひねり’’スポーク!『HFULLCROSS Rp5』

昨今の新型車種に見る新たなスタイル、“クーペSUV”モデルのスポーティなフォルムへのマッチングを徹底的に考慮して象られたのが「Rp5」である。一見、オーソドックスなツインスポークデザインに見える、スポーク部はセンターにかけてわずかに“ひねり”を加えたアンシンメトリーデザインを採用。同時にスポークサイドは滑らかな曲面処理を施すことで、見る角度により表情が変化するフォルムを構成。これら工夫により静止状態でもホイールが回転しているような躍動感を生み出している。SUVにもスポーティ感を演出したいという方に、ベストバイの1本といえるだろう。

スポークの表面に段差を設けることで、スマートに見せるとともに軽快感を演出。もちろん軽量化にも貢献する。

カラーは上のブリリアントノアール(DR)のほか、装着写真のダイヤモンドカットサイドダークシャインシルバー(FAZ)の2色、各19&20インチを設定。
価格は4万6000円~。

問:RAYS

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/11/26

『BMW X2』スポーティー&コンパクトな新型クーペライクSUV

日本でも大人気獲得間違いなしのコンパクトな仕上がり

BMWのモデル名は基本的に奇数がセダン系、偶数がクーペ系という割り当てになっており、それはSUVを表す「X」シリーズも変わらない。というわけで、このほどデビューしたX2は、ラインアップ中、最もコンパクト&ベーシックなモデル、X1のクーペバージョン。このあたり、X3に対するX4、X5に対するX6という流れを踏襲している。
メカ関係は基本的にX1と変わりなく、日本仕様は1・5リッター直3ガソリンターボ+7速DCTの「18i」、2リッター直4ガソリンターボ+8速ATの「20i」を用意。駆動方式は前者が前輪駆動の2WDのみ、後者はこれに4WDも加わる。ヨーロッパ仕様ではさらに2タイプのチューンが施された2リッターディーゼルターボも選べるが、日本に導入されるかどうかは未定。
スタイリッシュなボディに高い実用性、そして比較的手頃なサイズと、売れ筋となる要素は十分揃っている注目のニューモデルだ

基本的にはX1がベースのスポーティーバージョン的位置付けだけあって、実用性より走りを優先した設計。とはいえ利便性も十分なレベルを確保。

スタイル的には若干背の高いステーションワゴンといった感じ。

低重心設計によってダートでの安定感は相当なレベルを実現。

ドライバー最優先の設計が貫かれた質感高いインパネ周辺。モニターは6.5/8.8インチの2タイプを設定。

リヤシートは左右/中央それぞれ3分割で前倒しが可能。ラゲッジスペースをキメ細かく変化させられる。

実用性を優先したX1より小さくなってはいても470リットルの容量を確保したというラゲッジスペース。

日本仕様のエンジンは1・5/2リッターガソリンとなる。

ミッションは7速DCTもしくは8速ATをセット。

2018/10/31

『TOYOTA HARRIER』2リッターのダウンサイジングターボエンジンを新搭載

スポーティー性も強調

C-HR の上級グレードと価格的に近いこともあって、安定して人気を得ているハリアー。現行型は日本市場専用の3 代目だが、主力のハイブリッドに加えて2リッターターボエンジンも設定するなどグレード展開は積極的。
本革シートやアルミヘアライン加飾で高級感を高めたインパネ周辺など、内外装に漂うプレミアム感も大きな魅力。
スポーティーでありながら上質感漂う乗り味もハリアーの美点。デビュー以来人気に衰えは見られない。

本物感が漂う室内は高級サルーン的な雰囲気も味わえる。

2リッターターボエンジンは直噴システムの採用によってパワーと燃費を両立。