DUCKS-GARDEN『CX-5 Type-KF専用』スカッフプレート

スカッフプレート(CX-5 Type-KF専用)


サイドシル内側の内装トリムの曲面に合わせて造形されたオリジナルのスカッフプレート。


表目のエンボス加工により上質感を演出。


 


購入はこちら

もっと見る

2018/05/14

『RAYS HFULLCROSS Rg5』アクティブ&エレガントな1本!

柔らかなラウンドフェイスが足元を力強く演出

アウターリムに向けて、大きく広がりを見せるスポーク形状を取り入れることで、ボディサイドのマスが大きなSUVモデルにセットした際にも迫力負けしないボリューム感を備えたのが「Rg5」である。
ホイールのセンターに向かい大きくラウンドするコーンケーブデザインのスポーク部は、本来はスポークの裏に配す肉抜き処理を、表面のデザインのひとつとしてアレンジしたもの。とくに斜めから眺めたときの立体造形はこれまでのホイールにはない個性を打ち出していることがわかるはずだ。
見ようによってはゴツく、その一方でエレガントな印象をも放つフォルムは、アウトドアフィールドでもオフィスが立ち並ぶ都心においても、しっくり溶け込む絶妙なスタイルを表現することに成功している。
国産車はもちろん、輸入車オーナーにもチョイスして欲しい一品といえる。

For NISSAN X-TRAIL装着

For MAZDA CX-5装着

For BMW X1装着

問:レイズ

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/05/22

GARAGE VARY『CX-5 KE前期専用』フォグランプパネル

フォグランプパネル(CX-5 KE前期専用)

純正バンパーに後付けするだけで、欧州車テイストの顔つきに変えられるのがこの製品の特徴。取り付けも両面テープで貼るだけとお手軽だ。

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/04/23

『MITSUBISHI ECLIPSE CROSS』SUVが得意な三菱の技術力を結集して開発されたコンパクトサイズの新型車

操舵角に応じて車両の向きが正確に変わり運転の楽しさを満喫

三菱はSUVが得意なメーカーだ。第二次世界大戦直後にジープのノックダウン生産を開始して、1982年には初代パジェロを大ヒットさせた。その後、乗用車でも4WDスポーツセダンのランサーエボリューションを開発し、4輪制御技術をさらに進化させた。
今の三菱を象徴する車種がエクリプスクロスだ。2018年3月に発売された新型車で、やや大きめサイズのボディに、三菱の最先端技術を豊富に搭載する。
エンジンは直列4気筒1・5ℓのターボになる。動力性能は自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると2・4ℓクラスで、実用回転域の駆動力に余裕があるから運転しやすい。発進直後の1500回転前後から十分な駆動力が発揮され、4000回転からは速度上昇が活発化するスポーティ感覚も併せ持つ。
プラットフォームは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値を含めてアウトランダーやRVRと共通だ。基本設計が古く軽量化を図る上では不利だが、熟成が進んで効果的な補強を施した。スポット溶接の間に構造用接着剤を塗布したり、ストラットタワーバーを装着するなど改善を加えた。
そのためにアウトランダーやRVRに比べて、操舵感や走行安定性が向上した。ハンドルを切り始めた時から、車両は舵角に対して忠実に向きを変え、カーブを曲がり始めた後も旋回軌跡を拡大させにくい。
その一方でカーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したりブレーキペダルを踏む操作を強いられても、後輪の接地性が高く安心できる。仮に横滑りを生じても、挙動変化が穏やかで対処しやすい。車両の挙動が唐突に変わらないから同乗者も快適だ。
このようにエクリプスクロスはボディ剛性を高めて挙動変化の素性が良く、購入後にチューニングを施しても優れた結果を得やすい。基本性能を入念に高めたため、さらに高い効果を期待できる。乗り心地は少し硬いが、タイヤが路上を細かく跳ねる動きは抑え込んだから、不快に感じない。速度が高まると快適になる性格は、欧州車風ともいえる。
この優れた走りを支える技術のひとつが、4輪制御のS – AWCだ。カーブを曲がる時は、必要に応じて内側の前輪にブレーキを作動させ、車両を積極的に回り込ませる。ボディを入念に造り込んだからこそ、この制御も十分な効果を発揮して、エクリプスクロスが備える走りの総合力を高めた。雰囲気が地味で選択の決め手に欠ける印象はあるが、運転すると良さを実感できる。車内が広いことからファミリーカーにも適する。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MITSUBISHI ECLIPSE CROSS Specification
全長×全幅×全高4405㎜×1805㎜×1685㎜
ホイールベース2670㎜
車両重量1550㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・1. 5ℓ+ターボ
最高出力110kW[150PS]/5500rpm
最大トルク240N・m[24.5kgf・m]/2000-3500rpm
駆動方式AWD
ミッションINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/55R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万6000円(価格帯:234万5000~286万6000円
※スペックは「G Plus Package.」グレード

 

問:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車お客様相談センター TEL:0120-324-860

2018/05/17

DUCKS-GARDEN『CX-5専用』アルミペダルセット

アルミペダルセット(CX-5専用)

車種専用設計なので、ピッタリサイズでジャスフィット! 純正ペダルの上に、ドリル穴加工不要で簡単取り付け! 操作性と機能美を是非体感してほしい!
他、CX-7・8、C-HR、X-TRAILの設定有り。

問:ダックスガーデン

TEL:0291-32-6478

www.ducks-garden.co.jp

2018/04/23

『MAZDA CX-3』「小さな高級車」をイメージさせる上質な乗り心地と緻密な運転感覚

カーブを曲がる時には前側を少し下げて確実に回り込む

先代CX – 5以降に発売されたマツダ車は、OEM車を除くと「スカイアクティブ技術」「魂動デザイン」に基づいて開発されている。すべての車種が同じ考え方を共有して、マツダ車の個性が従来以上に明確になった。
サイズが違っても技術の基本は同じだから、例えばアテンザに採用された機能は、時間を置かずCX – 3にも反映される。このように今のマツダ車は、頻繁に改良を受けながら進化している。
CX – 3は全長が4275㎜のコンパクトなSUVで、最小回転半径も5・3mに収まるから街中でも運転がしやすい。発売は2015年で、1・5ℓのクリーンディーゼルターボは進化を重ね、以前に比べると静かでスムーズになった。近々さらに改良を受けて、運転感覚を向上させる予定だ。
また2017年6月の改良では、2ℓのガソリンエンジンを割安な価格で追加して、安全装備の設定も拡大している。
そこで改めてディーゼルを搭載するCX – 3XDノーブルブラウン(2WD)を試乗した。ボディが小さく、プラットフォームやインパネの形状はデミオと同じだから、そのSUV版に見られがちだが、運転するとまったく違う。デミオもコンパクトカーの中では安定性と乗り心地に優れるが、CX- 3には重厚感が伴ってボディが大柄なCX – 5に近い。
乗り心地は路上の細かなデコボコを伝えないが、少し硬めだ。この感触もCX – 5に似ている。重いボディを確実に受け止めるために与えられたサスペンションのように感じる。実際の車両重量は1270㎏だから、CX – 5XDに比べて350㎏軽いが、重いクルマの乗り味だ。
つまりCX – 3は「小さな高級車」でもあるのだろう。ボディの大きさは実用性の優れたヴェゼルと同程度だが、性格は正反対だ。
運転感覚では、カーブを曲がる時の挙動にも注目したい。車両の前側を少し下げて、操舵角に応じて確実に回り込む。これもCX -5などマツダの上級車種に通じる挙動だ。
街中で運転のしやすい上質なクルマを求めるユーザーは、コンパクトな欧州車を購入する傾向が強いが、CX – 3も検討すると良い。ボディサイズの割に、明らかに走りの質が高いからだ。
そして前下がりの旋回姿勢は、魂動デザインの外観にも表現されている。走りに直接結び付くボディスタイルだから、ドレスアップしても決まるだろう。これは基本性能の優れたクルマにチューニングを施すと、期待通りの効果が得られるのに似ている。デザインも同じで、素性の良さが大切だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MAZDA CX-3 Specification
全長×全幅×全高4275㎜×1765㎜×1550㎜
ホイールベース2570㎜
車両重量1270㎏
エンジン形式・排気量直4 コモンレール式ディーゼル+直噴ターボ・1.5ℓ
最高出力77kW[105PS]/4200rpm
最大トルク270N・m[27.5kgf・m]/1600-2500rpm
駆動方式FF
ミッション6速AT
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/トーションビーム式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ215/50R18
使用燃料・タンク容量軽油・48ℓ
車両本体価格(税別) 277万円(価格帯:195万~280万9260円)
※スペックは「XD Noble Brown」グレード

 

問:マツダ株式会社

マツダ㈱コールセンター TEL:0120-386-919