DUCKS-GARDEN『CX-5専用』アルミペダルセット

 


 


アルミペダルセット(CX-5専用)


車種専用設計なので、ピッタリサイズでジャスフィット! 純正ペダルの上に、ドリル穴加工不要で簡単取り付け! 操作性と機能美を是非体感してほしい!

他、CX-7・8、C-HR、X-TRAILの設定有り。


購入はこちら

もっと見る

2018/05/07

美しく走る姿で 見る人を魅了するアーティシャン『TOYOTA C-HR』

迫力のロー&ワイド
走る姿は官能的な美しさ

アーティシャン スピリッツのブランドコンセプトは『アクティビティ&デザン』。静止した状態からでも走る姿がイメージできることを追求している。それに基づきながらスポーツラインシリーズでもバンパータイプ、アンダータイプでブランドが細分化されている。このC‐HRもBLACKLABEL仕様で仕立てられている。

BLACKLABELはアンダースポイラーを装着して低さを強調するのが基本。そこに他のエアロパーツを組み合わせ、スポーティ、ワイド、アクティブなど、そのクルマのイメージに合わせたテイストを加味しているのだ。

C‐HRはフロント、サイド、リアの下部がブラック仕上げとなっており、ボディ同色のアンダースポイラーが装着されると、個々のエアロの存在感が際立つ。フロントは10mmリ、サイドはフロント30mm&リア40mmリ、そしてリアは30mm最低地上高が下がるのだが、視覚的効果は数値以上。オーバーフェンダーも15mmほどアーチ部分が下がるので、野獣が獲物を捕らえるべく低く構えた姿勢のような迫力あるスタイルを演出するのだ。街中で見たら誰もが目を奪われることだろう。

地上高を10mm下げて、スポーティなイメージを高めるフロントアンダースポイラー。バンパーサイドのダクト部分に装着されているLEDバンパーガーニッシュもアーティシャンスピリッツのオリジナルアイテムで、片側に3灯のLEDが埋め込まれている。

オーバーフェンダーは10mmワイド仕様で、アーチ部分も15ミリダウンさせるのが特徴。これにより数値以上の変化が期待できるのだ。装着は純性フェンダーカバーを外して取り付ける。車検対応品。

フロント側で30mm、リア側で40ミリ地上高を下げるサイドアンダースポイラー。フロントアンダースポイラーの後部と同じようにカナード風デザインを採用しているのが特徴だ。見た目に重くなりやすいサイドビューをスポーティに演出。

デザインセンスの良さが際立つ、リアアンダーディフューザー。単体でもドレスアップ効果は十二分だが、Z’sスポーツライン デュアル4本出しマフラーと組み合わせれば申し分なし。思わず溜息が出てしまうのは筆者だけではないハズだ!

Price
FRONT UNDER SPOILER 42,000(税別)
SIDE UNDER SPOILER 40,000(税別)
REAR UNDER DIFFUSER 4P  45,000(税別)
REAR GATE SPOILER 35,000(税別)
LED BUMPER GARNISH 2P 38,000(税別)
OVER FENDER KIT 6P 10㎜WIDE 88,000(税別)
Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) HYBRID車用150,000(税別)
Z’s SPORTS LINE(DUAL4本出し) TURBO車用162,000(税別)
※3P・4P・5P・6PKIT設定あり。

詳しくはホームページをご覧ください。

問:アーティシャンスピリッツ

TEL:048-422-4841

http://www.artisanspirits.co.jp/car-lineup/toyota/c-hr/chr_sl-bl/index.html

2018/04/23

『SUZUKI IGNIS』880kgの軽いボディが若い頃に運転したスポーティカーの記憶を蘇らせる

フロンテクーペや初代エスクードをモチーフにしたオシャレな外観

SUVが人気を得た理由に「どんなカテゴリーでもカッコ良く演出できる」ことが挙げられる。その典型がイグニスだ。小さなハッチバックだが、SUVの手法でフェンダーを張り出させ、少し大径のタイヤを履かせて最低地上高は180㎜に高めた。そうするとここまでカッコ良くなる。
経済性を重視するクルマ好きには最適だろう。エンジンは1・2ℓのマイルドハイブリッドで、試乗したハイブリッドMZ(2WD)のJC08モード燃費は28㎞/ℓと優秀だ。価格は2個のカメラを使う緊急自動ブレーキを装着しても173万8800円に収まる。
水平基調の小さなボディは四隅の位置が分かりやすく、狭い裏道や駐車場でも運転しやすい。その割に居住空間に余裕があり、後席は少し狭いが、大人4名の乗車は妨げない。小さなクルマを造り慣れたスズキならではだ。
そしてスズキの技術でボディは軽く、ハイブリッドMZ(2WD)の車両重量は880kgに収まる。一般的な1・2〜1・3ℓエンジンの小型車に比べて、150kg(比率にすると15%)は軽い。そのためにエンジン性能は平均水準でも、加速感は軽快だ。
ボディが軽いから、カーブを曲がる時も楽しい。操舵角に応じて車両の向きがスイスイと変わる。一般的にSUVは高重心でボディが重く、操舵に対する反応を鈍めに抑えて安定性を確保するが、イグニスにその必要はない。
この運転感覚は、中高年齢層のクルマ好きにとって、ちょっと感涙を誘うところがある。若い頃に運転したスズキカルタス、トヨタスターレット、ホンダシティといったボディの軽いコンパクトカーを思い出させるからだ。
あの時代のクルマはボディ剛性が低かったが、軽量だから挙動が乱れても修正操作は簡単だった。だから初心者でも、自宅付近の小さなカーブなどで運転を楽しめた。「峠を攻める」などと大げさな話ではなく、もっと日常的にスポーティな運転を楽しんだ。今のイグニスは、あの時代のコンパクトカーに比べれば衝突安全性が優れ、ボディ剛性も高く、乗り心地は大幅に上質だ。それでも軽いからあの時代の走りが蘇る。
しかもイグニスのボディ後端のピラーはフロンテクーペ(71年)、フロントフェンダー上部のガーニッシュは初代エスクード(88年)という具合に、あの時代を思い出させる演出も施した。これは泣ける心配りだ。
イグニスを買って、ライトなドレスアップを施す。ご同輩の皆さん、今まで懸命に働いてきたのだから、お互いにささやかな贅沢を楽しんでみませんか?

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

SUZUKI IGNIS Specification
全長×全幅×全高3700㎜×1660㎜×1595㎜
ホイールベース2435㎜
車両重量880kg
エンジン形式・排気量直4ガソリン・1.2ℓ+モーター
最高出力67kW[91PS]/6000rpm(エンジン)・2.3kW[3.1PS](モーター)
最大トルク 118N・m[12.0 kg・f m]/4400rpm(エンジン)・50N・m[5.1kg・f m](モーター)
駆動方式FF
ミッションCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/トーションビーム式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/リーディング・トレーリング
タイヤサイズ175/60R16
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・32ℓ
車両本体価格(税別) 161万円(価格帯:128万~173万7000円)
※スペックは「HYBRID MZ.」グレード

 

問:スズキ株式会社

スズキ株式会社お客様相談 TEL:0120-402-253

2018/04/23

『TOYOTA C-HR』鋭角的でカッコイイ外観と走りの良さが最先端SUVの証!

峠道での安定性と乗り心地が優れドレスアップのベースにピッタリ

2017年に日本国内で最も多く販売されたSUVはトヨタC -HRであった。全長が4360㎜のボディは、国産SUVの中でも小さな部類に入る。外観の見栄え
を優先させたので、斜め後方の視界は悪いが、最小回転半径が5・2mだから小回りの利きは良い。
外観は彫りの深い彫刻のようなデザインで、人によって好みは分かれるが、遠方からでもC – HRと分かるほど個性的だ。17/18インチタイヤの装着と相まってボディ下側の形状が力強く、C – HRのセールスポイントになっている。
エンジンは直列4気筒1・2ℓのターボ(駆動方式は4WD)と、1・8ℓをベースにしたハイブリッド(前輪駆動の2WD)。エンジンと駆動方式の組み合わせが決まっているから選びにくい面がある。C – HRはシティ派SUVだから、1・2ℓターボの2WDが欲しい。現時点で価格が最も安いグレードは、ターボ&4WDのS – Tで251万6400円だが、2WDを用意すれば229万円といった設定も成り立つ。購入後のドレスアップに費やす予算を増やせる。
1・2ℓターボの動力性能は、自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると1・8ℓクラスだ。実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。
取材のために借りたハイブリッドは、プリウスと同じユニットで、モーター駆動を併用した加速感は滑らかだ。動力性能は1・2ℓのターボと同等だが、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の反応は、モーター駆動の作用でハイブリッドが少し力強い。
しかもハイブリッドのJC08モード燃費は30・2㎞/ℓだから、SUVでは最高峰の数値になる。1・2ℓターボは駆動方式が4WDとあって15・4㎞/ℓにとどまるため、ハイブリッドの燃料代は数値上では約半額で済む。駆動方式の違いもあって、ハイブリッドの価格はターボに比べて12万9600円の上乗せに収まるから、買い得感も強まり人気を高めた。
走行安定性と乗り心地は、全長が4400㎜以下のSUVでは最も優れている。峠道では適度に良く曲がって安定性が優れ、足まわりが柔軟に伸縮して快適だ。
グレード選びは、ドレスアップを前提にすると安価な1・2S -TやハイブリッドSを推奨したいが、ヘッドランプがハロゲン専用になる。そこで特別仕様車のLEDエディションを推奨したい。S – TやSをベースにした仕様も用意され、オプション価格が約15万円のLEDヘッドランプを装着しながら、価格上昇は2万4000円に抑えた。ドレスアップ派にも適した買い得な特別仕様車だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

TOYOTA C-HR Specification
全長×全幅×全高4360㎜×1795㎜×1550㎜
ホイールベース2640㎜
車両重量1440㎏
エンジン形式・排気量直4 ガソリン・1.8ℓ+モーター
最高出力72kW[98PS]/5200rpm(エンジン)・53kW[72PS](モーター)
最大トルク 142N・m[14.5kg・f m]/3600rpm(エンジン)・163N・m[16.6kg・f m(] モーター)
駆動方式FF
ミッション電気式身段変速機
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/50R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・43ℓ
車両本体価格(税別) 263万円(価格帯:233万~263万円)
※スペックは「G」グレード

 

問:トヨタ自動車株式会社

お客様相談センター TEL:0800-700-7700

2018/04/23

『MITSUBISHI ECLIPSE CROSS』SUVが得意な三菱の技術力を結集して開発されたコンパクトサイズの新型車

操舵角に応じて車両の向きが正確に変わり運転の楽しさを満喫

三菱はSUVが得意なメーカーだ。第二次世界大戦直後にジープのノックダウン生産を開始して、1982年には初代パジェロを大ヒットさせた。その後、乗用車でも4WDスポーツセダンのランサーエボリューションを開発し、4輪制御技術をさらに進化させた。
今の三菱を象徴する車種がエクリプスクロスだ。2018年3月に発売された新型車で、やや大きめサイズのボディに、三菱の最先端技術を豊富に搭載する。
エンジンは直列4気筒1・5ℓのターボになる。動力性能は自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると2・4ℓクラスで、実用回転域の駆動力に余裕があるから運転しやすい。発進直後の1500回転前後から十分な駆動力が発揮され、4000回転からは速度上昇が活発化するスポーティ感覚も併せ持つ。
プラットフォームは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値を含めてアウトランダーやRVRと共通だ。基本設計が古く軽量化を図る上では不利だが、熟成が進んで効果的な補強を施した。スポット溶接の間に構造用接着剤を塗布したり、ストラットタワーバーを装着するなど改善を加えた。
そのためにアウトランダーやRVRに比べて、操舵感や走行安定性が向上した。ハンドルを切り始めた時から、車両は舵角に対して忠実に向きを変え、カーブを曲がり始めた後も旋回軌跡を拡大させにくい。
その一方でカーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したりブレーキペダルを踏む操作を強いられても、後輪の接地性が高く安心できる。仮に横滑りを生じても、挙動変化が穏やかで対処しやすい。車両の挙動が唐突に変わらないから同乗者も快適だ。
このようにエクリプスクロスはボディ剛性を高めて挙動変化の素性が良く、購入後にチューニングを施しても優れた結果を得やすい。基本性能を入念に高めたため、さらに高い効果を期待できる。乗り心地は少し硬いが、タイヤが路上を細かく跳ねる動きは抑え込んだから、不快に感じない。速度が高まると快適になる性格は、欧州車風ともいえる。
この優れた走りを支える技術のひとつが、4輪制御のS – AWCだ。カーブを曲がる時は、必要に応じて内側の前輪にブレーキを作動させ、車両を積極的に回り込ませる。ボディを入念に造り込んだからこそ、この制御も十分な効果を発揮して、エクリプスクロスが備える走りの総合力を高めた。雰囲気が地味で選択の決め手に欠ける印象はあるが、運転すると良さを実感できる。車内が広いことからファミリーカーにも適する。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MITSUBISHI ECLIPSE CROSS Specification
全長×全幅×全高4405㎜×1805㎜×1685㎜
ホイールベース2670㎜
車両重量1550㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・1. 5ℓ+ターボ
最高出力110kW[150PS]/5500rpm
最大トルク240N・m[24.5kgf・m]/2000-3500rpm
駆動方式AWD
ミッションINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/55R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万6000円(価格帯:234万5000~286万6000円
※スペックは「G Plus Package.」グレード

 

問:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車お客様相談センター TEL:0120-324-860

2018/05/18

死角を映して安全を守る!データシステム サイドカメラ

車両だけでなく、歩行者を検知して作動する自動ブレーキや車線逸脱警報など、クルマの安全装備は進化するばかり。少しでも安全性を高めたい…と言うのであればデータシステムのサイドカメラに注目!専用設計だからオシャレなのだ。

クルマを運転する場合、どんなにドライビング技術があっても解消できない問題がある。それは『死角』だ。こればかりは運転に関してプロ中のプロと言えるF1レーサーでも見ることは不可能。培った車両感覚や判断力で対応する意外に手立ては…ある!サイドカメラを搭載すれば助手席側前方の視界問題が解消するのだ。
データシステムは車種やミラーの左右を問わない汎用型サイドカメラに加えて車種専用デザインもラインナップ。専用モデルは18,858円〜、汎用モデルは14,800円とアプローチしやすい価格(税別)設定となっている。
死角を解消することで苦手だった車庫入れがスムーズ&安全に行えるようになる。また狭い道でも電柱や歩行者、その他の障害物もしっかり確認できるので心にゆとりが生まれ、精神的疲労も大きく軽減されるなど、その効果は非常に大きい。非常にコストパフォーマンスに優れたアイテムなのだ。特に専用モデルはドアミラーのステー部分に装着するため、ミラー本体を折りたたんでも作動するのがポイント。狭い車庫で、その真価を発揮するのだ。
左前方に加えて後方の視界も解消するなら、『ドルフィン・アイ』を装着すればOK! 複数車線での走行安全性が大きく高まり、快適なドライブをサポートするのだ。

『車種別サイドカメラキット SCK Series』

ドアミラーを畳んでもカメラは機能ギリギリまで幅寄せできるのだ!

ドアミラー本体ではなくステー部分に装着するため、ミラー本体を畳んでもカメラは作動する。
出先にある不慣れで狭い駐車場でも安心して停めることが可能。とても重宝すること請け合いなのだ。

左前方もしっかり確認
助手席側の前輪がこのように見えるから脱輪防止にも役立つ。
なおモニターは別途必要。

車種や左右を問わない汎用モデル

『サイドVIEWカメラ SVC260Ⅱ』

本体のサイズは高さ33mm、幅44mmとコンパクト。画角は水平110度、垂直80度で調整可能なので、取り付け位置や映したい方向にセットできる。
さらに正像、鏡像の切り替えも可能だ。

前向きにセットすれば、大切なホイールが障害物にヒットするのを防ぎ、後ろ向きにセットすれば、小さな子供の巻き込みなどを防ぐ。

自分の好みに応じて装着できるのが特徴だ。

左後方の死角をカバーする

ブラインドサイドカメラ『ドルフィン・アイ』

カメラ固定式のBSC261-Sと角度調整式のBSC262-Mを設定。
本体サイズは前者が幅38×長105×高28mm、後者が幅44 × 長131 × 高31mm。
ともに正像と鏡像に切り替え可能。艶消し黒塗装仕上げとなっている。

問:データシステム

TEL:086-445-1617

www.datasystem.co.jp/