DUCKS-GARDEN『CX-5専用』アルミペダルセット

 


 


アルミペダルセット(CX-5専用)


車種専用設計なので、ピッタリサイズでジャスフィット! 純正ペダルの上に、ドリル穴加工不要で簡単取り付け! 操作性と機能美を是非体感してほしい!

他、CX-7・8、C-HR、X-TRAILの設定有り。


購入はこちら

もっと見る

2018/04/25

高精細&ウルトラワイド録画を実現 !安全運転を強力にサポートする『DVR3000』

昼間はもちろん、夜間でも鮮明に映し出す

昨年6月に発生した東名高速道路での死亡事故事件をきっかけに『あおり運転』が社会問題へと発展。
それ以来ドライブレコーダーは、クルマの必須アイテムとなった。アフターマーケットには数多くのメーカーからリリースされているが、安価なモデルは画質が悪て、すぐ前の車両のナンバープレートさえも見えにくいこともある。それだと万が一のトラブル時に役立たないので、やはり装着するなら高画質モデルを選びたい。

そこで注目したいのが、データシステム製のDVR3000。約350万画素・1/3型CMOSセンサー搭載により2304×1296というフルハイビジョンをこえる高精細3メガと、2560×1080のウルトラワイドな高解像度での録画を実現しているのだ。
他にも3種類の記録解像度が選択可能で、パソコンを使えば走行軌跡や走行速度などを確認することもできる。2万円以下のプライスなので超お買い得と言えよう!

昼間はトンネルの出口付近など発生しやすい白飛びを抑える。

街灯の少ない住宅街でも前方車両のナンバーをしっかりと記録する。

2,560×1.080/27.5fpsというウルトラワイドサイズでの高解像度録画を実現。
さらに記録解像度は1,280×720~2,560×1.080まで、5種類が設定されている。もちろんそれらのサイズは任意で選択可能だ。

フルハイビジョン超の高精細3メガPC

ハイクオリティに徹底的にこだわり、約350万画素・1/3CMOSセンサーを搭載。
これによりフルハイビジョンを超える高精細3メガ(2,304×1,296/27.5fps)
の高解像度録画を実現。現段階では最高レベルの画質を誇るのだ!

PCで走行軌跡が確認できるのだ!

GPSが搭載されているので、映像録画と同時に緯度&軽度を含んだ位置情報や車速情報、日時も同時に記録。パソコンを使えば記録映像の再生や走行軌跡・走行速度などが確認できる。

カーナビ画面で映像確認可能

外部出力機能により備え付けのカーナビのモニターでも映像を確認することが可能。また本体を外して家庭のテレビに繋げば、大画面での映像も観ることができるのだ。

キットに本体の他に取り付けステー、シガー電源ケーブル1本、USBタイプAミニBケーブル1本、3.5Φミニプラグ-RCA変換ケーブル1本、ステッカー1枚、16GBメモリーカード1枚と装着&使用に必要なモノが全て含まれている。

DVR3000を駐車中に防犯カメラとして機能させるシステムアップ用アイテム。キーレスリモコンのドアロック/アンロックに連動してON/OFFする。センサーを追加しての強化も可能だ。12,800円(税抜)

問:データシステム

TEL:086-445-1617

www.datasystem.co.jp/

2018/06/05

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』がSUVの本質を引き立てる

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』

SUVENCER AW5s(180度view)

Size :20×8.5
Hole :5
P.C.D. :114.3
Inset :35
Color :Crystal Black

問:ブリヂストンリテールジャパン

TEL:03-3563-6926

www.bs-awh.ne.jp

2018/04/23

『SUZUKI XBEE』ドレスアップもバッチリ決まる実用的で走りの楽しい新感覚S U V

コンパクトで車内は広く走破力も高めて抜群に合理的

スズキが軽自動車のハスラーを発売した時、小型車版を求める声も根強かった。その期待に応えたSUVがクロスビーだ。ただしハスラーに似ているのは外観だけで、プラットフォームは42ページに掲載したイグニス、背の高いコンパクトカーのソリオと共通化され、小型車の性能を追求した。
エンジンは直列3気筒1ℓのターボを搭載する。スイフトやバレーノが採用するタイプと基本は同じだが、クロスビーはマイルドハイブリッドの機能を加えた。モーター機能付発電機が、減速時を中心とした発電、アイドリングストップ後の再始動、エンジン駆動の支援を行って燃費を向上させる。2WDのJC08モード燃費は22㎞/ℓだから、スイフトRStに比べて2㎞/ℓ優れる。
ターボ車は低回転域(1500回転付近)から過給効果が感じられて粘り強く走る。4000回転前後に達した時の加速も活発だ。動力性能の数値は1・5ℓのノーマルエンジンと同程度だが、低回転域の駆動力と実用燃費で勝る。
車両重量は2WDが960㎏ 、試乗したハイブリッドMZの4WDでも1000㎏と軽く、カーブを曲がる時の挙動は軽快だ。操舵角に応じて車両の向きが機敏に変わり、速度を高めても旋回軌跡を拡大させにくい。全高が1705㎜と高いので、走行状態によっては後輪の接地性が少し下がるが、姿勢の変化が穏やかだから不安はない。むしろアクセルペダルを戻すことで、進行方向を積極的に内側へ向ける走り方も可能だ。スポーツ走行をする性格のクルマではないが、運転感覚が楽しい。
安定性を確保する目的もあって乗り心地は少し硬いが、タイヤが路上を細かく跳ねる動きは抑えた。走りの質も満足できる。
最低地上高は180㎜だから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。4WDの機能はシンプルで軽いビスカスカップリングだ。前輪の空転を受けて後輪にも駆動力を伝える方式だから、4輪駆動になるタイミングが遅れやすいが、そこを補う機能にグリップコントロールがある。これを作動させると、空転したホイールにブレーキを掛けてグリップを取り戻させる制御が、通常よりも素早く強力になる。
クロスビーの全長は3760㎜とコンパクトだが、車内は広く、最低地上高は前述のように180㎜を確保した。このような合理的な機能を併せ持つSUVはほかにない。しかもフロントマスクはハスラーに似て可愛らしく、ドレスアップもバッチリ決まる。日常の移動で使いやすく、価格も割安だから、SUVの楽しさを多くのユーザーに広める役割を果たすだろう。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

SUZUKI X BEE Specification
全長×全幅×全高3760㎜×1670㎜×1705㎜
ホイールベース2435㎜
車両重量1000㎏
エンジン形式・排気量直3直噴ガソリン・1.0ℓ+ターボ+モーター
最高出力73kW[99PS]/5500rpm(エンジン)・2.3kW[3.1PS](モーター)
最大トルク 150N・m[15.3kg・f m]/1700-4000rpm(エンジン)・50N・m[5.1kg・f m](モーター)
駆動方式AWD
ミッション6AT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/トレーリングアーム式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/リーディング・トレーリング
タイヤサイズ175/65R16
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・30ℓ
車両本体価格(税別) 202万7000円(価格帯:163万5000~202万7000円)

 

問:スズキ株式会社

スズキ株式会社お客様相談室 TEL:0120-402-253

2018/04/23

GARAGE VARY『CX-5 Type-KE』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー TYPE-Ⅱ

センターエリアにアンダーガードをイメージさせるリブデザインを象っていた1作目に対し、スッキリとした形状に改められたT-2シリーズ。

リップ部の両サイドの出幅も、より拡大することでスポーティな顔つきを作り出している。

サイドガーニッシュ

現行モデルのKF型で得たデザインをフィードバックしたサイドガーニッシュ。

純正の素地パネルにアクセントを入れることで、ボディサイドの面積が広いSUVモデルに伴う“上下の間延び感”を払拭するのである。

リアアンダー

フロントと同様にバンパーのサイドまで回り込むデザインとし素地の部分をカバー。

これによりシャープな印象を作り出す。

フロントグリル

専用ガーニッシュ&ハニカムメッシュを採用したグリルキット。

なおレーダーセンサー装着車は一部機能に支障をきたす場合もあり。

オーバーフェンダー

約15㎜の出幅と共に、アーチ部も約20㎜下げることでワイド&ローフォルムとするオーバーフェンダー。

リアルーフリップ

純正ルーフスポイラーの上からカバーする方式により、流麗なフォルムを形成するスポイラーキット。

スポイラー端の部分を極力薄くデザインすると同時にわずかにロールアップさせたスタイルがスポーティな印象を増強!

Price
フロントリップスポイラーTYPE-Ⅱ  3万円
フロントグリル 3万5000円(FRP)/7万円(カーボン)
リアルーフリップ 3万円
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/05/10

『CRIMSON MG DEMON』US 4×4カスタムルックをSUVの足元にインストール

クリムソンが考案するSUVホイール第2章

2000年代初頭は多くの車種で大口径ホイールが望まれたラグ系カスタムが盛り上がっていった時代だ。各自動車メーカーのSUV系車種も、かつての武骨さを払拭し洗練されたフォルムのモデルが次々に現われた時期と重なる。それに合わせクリムソンも4×4やSUV系にマッチするラグテイストを表現した〝マーテル〟シリーズをいち早く展開。しかしカスタムの世界はスタイリングテーマの移り変わりも実に敏感であることも事実。そうした熱いファンのさらなる要求に応えるべく同シリーズの派生モデルとして誕生させたのが「MGシリーズ」だった。
ネーミングの頭文字〝M〟はマーテルを指す。〝G〟はギアの意味。その名には4×4&SUV専用、加えてこれら車種の悪路走破性や重い車体を受け止める丈夫な道具の意味合いも秘めている。「MGシリーズのスタイリングテーマは、アメリカントラックや4×4モデルなどのカスタムホイールに見る煌びやかさとワイルド感の表現。しかしその中に都会的なセンスも持ち込むことで日本車や輸入車にもマッチするよう仕上げました」と、開発担当の西村さん。

各部表面処理で個性的なフェイスを表現

①センターキャップとディスク部にわずかな透き間があるがこれは計算のうちである。“浮遊感”を表現することで立体的なフォルムを構築したのだ。
②ディスク部に埋め込んだ“ビッグピアスボルト”により、足元に力強さを与える。またアウターリムにはリブを設けることでスパルタンなルックスをさらに盛り上げる。
③ディスク面に与えられたホールの角はマシニング加工を施し立体的なフォルムを表現。

MG DEMON

アメリカンカスタムホイールを連想させる丸型ホールデザインを採用した1 ピースホイール。

カラーは深々としたツヤを放つブラックサイドマシニングだ。

STREET LOCKでカスタマイズ

ストリートロックをアウターリムに装着することで、“ビードロックスタイル”を楽しめるパーツも用意。

カラーはハイパーシルバー/ブラック/レッドの3 タイプをオプション設定。

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA LANDCRUISER装着

問:クリムソン

TEL:06-6180-1511

www.crimson-inc.co.jp/