『CRIMSON MG LYCAN』MG最新スタイルは小径ルックで勝負する

7交点メッシュがワイルド感を増強!


どこかクラシカルな雰囲気漂う、太目なメッシュデザインが魅力的に映るアイテムが、今年のはじめに登場したMGシリーズの新顔、「LYCAN」である。

7交点メッシュやビッグピアスボルト、アウターリムの表面を凹凸形状をとしたリブデザインやマシニング処理により彫り込まれたビードロック風デザインは、スパルタンなオフローダーホイールを連想させるフォルム。

一見、複数のピースで構成されるように見えるものの構造は1ピース方式とするため、軽く作られているのもポイント。足の短いメッシュデザインなどにより、あえてホイールの径を小さく見せる、アメリカンカスタムスタイルを表現することに成功した。

ご覧のように、215/65R16サイズのBFグッドリッチ オールテレーンタイヤを履くモデル車ではハイトが厚めなタイヤが持ち合わせる、独特のカッコ良さを際立たせる絶妙なフォルムを作り上げている。また、例えばタイヤハウス内のスペースに余裕のある車両なら太めなマッテレタイヤとの合わせで、リムからサイドウォールが盛り上がるクロカン4×4的なルックスも再現できる。

もちろん一般的なラジアルとの相性も考慮されているのは言うに及ばず。シンプルなメッシュフォルムは様々な車種にフィットする。


ゴツさの中に光る都会派センス


①メッシュ部とアウターリムの表面は同色ペイントで仕上げるが、ディスクと連なるステップ(段付き部)はマシニング処理後にクリアブラックペイントを施す。つまり陰影をカラー変更で強調し立体感を生み出すのである。

② LYCAN にもビッグピアスボルトが与えられた。なおリムのビードロックは、切削処理で再現した。

③オーナメントにはギヤパターンデザインを盛り込みメカ二カル感を表現。


MG LYCAN


アウターリムを取り巻くビードロック風マシニング処理や大型ピアスボルトが特徴的なライカン。


カラーはマットブラッククリア。鋳造1 ピース構造。


STREET LOCKでカスタマイズ


ストリートロックをアウターリムに装着することで、小径ディスクが際立つオフロードスタイルに変身。


ゴツ目なオールテレーンタイヤとの相性も抜群だ。


カラーはハイパーシルバー/ブラック/レッドの3 タイプをオプション設定。


For TOYOTA LANDCRUISER PRADO装着


For MITSUBISHI ECLIPSE CROSS装着


For FORD KUGA装着


購入はこちら

もっと見る

2018/04/24

『トヨタ新型RAV4』3つの顔を携え久しぶりに日本市場で復活!

北米市場戦略車種なので徐々にボディサイズ拡大

トヨタRAV4の初代は1994年5月に〝クロスオーバーSUVのパイオニア〞として正式デビューしている。トヨタの乗用車のコンポーネンツを流用しつつも、スペアタイヤを背面に置くSUV色の強いスタイルと5ナンバーサイズという手ごろさから、日本市場はもとより北米市場でもたちまち大人気となった。見た目だけでなく、ベベルギア式のセンターデフを採用する4WD方式を採用し、山岳路などをアクティブに走ることも可能であったことも人気に拍車をかけた。
2000年に5ナンバーサイズをキープした2代目がデビュー。2005年にデビューした3代目から3ナンバーサイズとなり、日本では3代目までがラインナップされた。
世界市場では2013年に4代目がデビュー。4代目ではハイブリッド仕様も設定された。
そして2018年3月28日午前9時10分(アメリカ東部時間)より、ニューヨーク国際モーターショー会場にて開催された、トヨタブランドのプレスカンファレンスで5代目RAV4がワールドデビューを飾った。

トヨタ新型RAV4「リミテッド」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「XSEハイブリット」

2019年春発売予定

トヨタ新型RAV4「アドベンチャー」

2019年春発売予定

2018/04/25

高精細&ウルトラワイド録画を実現 !安全運転を強力にサポートする『DVR3000』

昼間はもちろん、夜間でも鮮明に映し出す

昨年6月に発生した東名高速道路での死亡事故事件をきっかけに『あおり運転』が社会問題へと発展。
それ以来ドライブレコーダーは、クルマの必須アイテムとなった。アフターマーケットには数多くのメーカーからリリースされているが、安価なモデルは画質が悪て、すぐ前の車両のナンバープレートさえも見えにくいこともある。それだと万が一のトラブル時に役立たないので、やはり装着するなら高画質モデルを選びたい。

そこで注目したいのが、データシステム製のDVR3000。約350万画素・1/3型CMOSセンサー搭載により2304×1296というフルハイビジョンをこえる高精細3メガと、2560×1080のウルトラワイドな高解像度での録画を実現しているのだ。
他にも3種類の記録解像度が選択可能で、パソコンを使えば走行軌跡や走行速度などを確認することもできる。2万円以下のプライスなので超お買い得と言えよう!

昼間はトンネルの出口付近など発生しやすい白飛びを抑える。

街灯の少ない住宅街でも前方車両のナンバーをしっかりと記録する。

2,560×1.080/27.5fpsというウルトラワイドサイズでの高解像度録画を実現。
さらに記録解像度は1,280×720~2,560×1.080まで、5種類が設定されている。もちろんそれらのサイズは任意で選択可能だ。

フルハイビジョン超の高精細3メガPC

ハイクオリティに徹底的にこだわり、約350万画素・1/3CMOSセンサーを搭載。
これによりフルハイビジョンを超える高精細3メガ(2,304×1,296/27.5fps)
の高解像度録画を実現。現段階では最高レベルの画質を誇るのだ!

PCで走行軌跡が確認できるのだ!

GPSが搭載されているので、映像録画と同時に緯度&軽度を含んだ位置情報や車速情報、日時も同時に記録。パソコンを使えば記録映像の再生や走行軌跡・走行速度などが確認できる。

カーナビ画面で映像確認可能

外部出力機能により備え付けのカーナビのモニターでも映像を確認することが可能。また本体を外して家庭のテレビに繋げば、大画面での映像も観ることができるのだ。

キットに本体の他に取り付けステー、シガー電源ケーブル1本、USBタイプAミニBケーブル1本、3.5Φミニプラグ-RCA変換ケーブル1本、ステッカー1枚、16GBメモリーカード1枚と装着&使用に必要なモノが全て含まれている。

DVR3000を駐車中に防犯カメラとして機能させるシステムアップ用アイテム。キーレスリモコンのドアロック/アンロックに連動してON/OFFする。センサーを追加しての強化も可能だ。12,800円(税抜)

問:データシステム

TEL:086-445-1617

www.datasystem.co.jp/

2018/04/23

『TOYOTA C-HR』鋭角的でカッコイイ外観と走りの良さが最先端SUVの証!

峠道での安定性と乗り心地が優れドレスアップのベースにピッタリ

2017年に日本国内で最も多く販売されたSUVはトヨタC -HRであった。全長が4360㎜のボディは、国産SUVの中でも小さな部類に入る。外観の見栄え
を優先させたので、斜め後方の視界は悪いが、最小回転半径が5・2mだから小回りの利きは良い。
外観は彫りの深い彫刻のようなデザインで、人によって好みは分かれるが、遠方からでもC – HRと分かるほど個性的だ。17/18インチタイヤの装着と相まってボディ下側の形状が力強く、C – HRのセールスポイントになっている。
エンジンは直列4気筒1・2ℓのターボ(駆動方式は4WD)と、1・8ℓをベースにしたハイブリッド(前輪駆動の2WD)。エンジンと駆動方式の組み合わせが決まっているから選びにくい面がある。C – HRはシティ派SUVだから、1・2ℓターボの2WDが欲しい。現時点で価格が最も安いグレードは、ターボ&4WDのS – Tで251万6400円だが、2WDを用意すれば229万円といった設定も成り立つ。購入後のドレスアップに費やす予算を増やせる。
1・2ℓターボの動力性能は、自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると1・8ℓクラスだ。実用回転域の駆動力に余裕があって運転しやすい。
取材のために借りたハイブリッドは、プリウスと同じユニットで、モーター駆動を併用した加速感は滑らかだ。動力性能は1・2ℓのターボと同等だが、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時の反応は、モーター駆動の作用でハイブリッドが少し力強い。
しかもハイブリッドのJC08モード燃費は30・2㎞/ℓだから、SUVでは最高峰の数値になる。1・2ℓターボは駆動方式が4WDとあって15・4㎞/ℓにとどまるため、ハイブリッドの燃料代は数値上では約半額で済む。駆動方式の違いもあって、ハイブリッドの価格はターボに比べて12万9600円の上乗せに収まるから、買い得感も強まり人気を高めた。
走行安定性と乗り心地は、全長が4400㎜以下のSUVでは最も優れている。峠道では適度に良く曲がって安定性が優れ、足まわりが柔軟に伸縮して快適だ。
グレード選びは、ドレスアップを前提にすると安価な1・2S -TやハイブリッドSを推奨したいが、ヘッドランプがハロゲン専用になる。そこで特別仕様車のLEDエディションを推奨したい。S – TやSをベースにした仕様も用意され、オプション価格が約15万円のLEDヘッドランプを装着しながら、価格上昇は2万4000円に抑えた。ドレスアップ派にも適した買い得な特別仕様車だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

TOYOTA C-HR Specification
全長×全幅×全高4360㎜×1795㎜×1550㎜
ホイールベース2640㎜
車両重量1440㎏
エンジン形式・排気量直4 ガソリン・1.8ℓ+モーター
最高出力72kW[98PS]/5200rpm(エンジン)・53kW[72PS](モーター)
最大トルク 142N・m[14.5kg・f m]/3600rpm(エンジン)・163N・m[16.6kg・f m(] モーター)
駆動方式FF
ミッション電気式身段変速機
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/50R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・43ℓ
車両本体価格(税別) 263万円(価格帯:233万~263万円)
※スペックは「G」グレード

 

問:トヨタ自動車株式会社

お客様相談センター TEL:0800-700-7700

2018/04/23

『HONDA VEZEL』求めやすい価格と優れた実用性を巧みに両立させたコンパクトSUVの代表車種

発売後に乗り心地や7速DCTを改善して快適性を大幅に向上

今は安全装備や運転支援の機能が充実して、環境性能も進化したためクルマの価格が全般的に高まった。これに伴い小さなクルマに乗り替えるユーザーが増えている。
この流れを受けて売れ行きを伸ばしたSUVがヴェゼルだ。全長を4400㎜以下に抑えたコンパクトなボディで、最小回転半径も5・3mに収まる。
その一方で室内はミドルサイズ並みに広い。燃料タンクを前席の下に搭載するなど、空間効率を高めたからだ。後席の足元空間も広く、大人4名が快適に乗車できる。
また荷室の床が低いから、積載容量にも余裕がある。後席を床面へ落とし込むように小さく畳むと、ボックス状の荷室として使うことも可能だ。
燃料タンクが前席の下にあるから、後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物を積める。コンパクトなSUVながら実用性が高い。
エンジンは直列4気筒1・5ℓで、ノーマルタイプとハイブリッドを用意した。両車ともに直噴式で、実用回転域の駆動力が高い。エンジン回転の上昇に応じて、駆動力が直線的に高まり扱いやすい印象を受ける。
取材のために借り出したハイブリッドは、モーター駆動を併用するために、1・8ℓに匹敵する性能を発揮する。2018年2月に行われたマイナーチェンジで制御が改善され、発進時にアクセルペダルを踏んだ時の反応が素早くなった。
ハイブリッドは2組のクラッチを使う有段AT(7速DCT)を装着することも特徴だ。以前は低回転域でアクセルペダルを踏み込み、ギヤが自動的にシフトダウンする時などにスムーズさを欠いたが、今は改善されて違和感を抑えている。
全高は1605㎜だから、SUVでは天井が低めに抑えられ、走行安定性も満足できる。以前は乗り心地が硬かったが、今はかなり解消されて粗さを抑えた。
ヴェゼルはハイブリッドを含めて、大半のグレードに前輪駆動の2WDと4WDを用意する。SUVは悪路の走破も視野に入れて開発されているため、基本的には4WDを推奨するが、悪路を走らずにドレスアップを楽しむユーザーなら2WDでも良いだろう。ノーマルエンジンを搭載する2WDのXホンダセンシングは、安全装備を充実させて、価格は216万5000円とお手頃。ドレスアップやチューニングの予算も捻出しやすいだろう。ヴェゼルはいろいろなユーザーが本音で選べるSUVとなっている。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

HONDA VEZEL Specification
全長×全幅×全高4330㎜×1660㎜×1770㎜
ホイールベース2610㎜
車両重量1210㎏
エンジン形式・排気量直4ガソリン・1. 5ℓ+モーター
最高出力97kW[132PS]/6000rpm(エンジン)・22kW[29.5PS](モーター)
最大トルク156N・m[15.9 kgf・m]/4600rpm(エンジン)・160N・m[16.3kgf・m]
駆動方式AWD
ミッションCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/ド・ディオン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/リーディング・トレーリング
タイヤサイズ225/50R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・40ℓ
車両本体価格(税別) 270万9260円(価格帯:181万9445~270万9260円)
※スペックは「HYBRID Z・Honda SENSIG.」グレード

 

問:ホンダ技研工業

Honda お客様相談センター TEL:0120-112010

2018/04/23

『MITSUBISHI ECLIPSE CROSS』SUVが得意な三菱の技術力を結集して開発されたコンパクトサイズの新型車

操舵角に応じて車両の向きが正確に変わり運転の楽しさを満喫

三菱はSUVが得意なメーカーだ。第二次世界大戦直後にジープのノックダウン生産を開始して、1982年には初代パジェロを大ヒットさせた。その後、乗用車でも4WDスポーツセダンのランサーエボリューションを開発し、4輪制御技術をさらに進化させた。
今の三菱を象徴する車種がエクリプスクロスだ。2018年3月に発売された新型車で、やや大きめサイズのボディに、三菱の最先端技術を豊富に搭載する。
エンジンは直列4気筒1・5ℓのターボになる。動力性能は自然吸気のノーマルエンジンに当てはめると2・4ℓクラスで、実用回転域の駆動力に余裕があるから運転しやすい。発進直後の1500回転前後から十分な駆動力が発揮され、4000回転からは速度上昇が活発化するスポーティ感覚も併せ持つ。
プラットフォームは、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)の数値を含めてアウトランダーやRVRと共通だ。基本設計が古く軽量化を図る上では不利だが、熟成が進んで効果的な補強を施した。スポット溶接の間に構造用接着剤を塗布したり、ストラットタワーバーを装着するなど改善を加えた。
そのためにアウトランダーやRVRに比べて、操舵感や走行安定性が向上した。ハンドルを切り始めた時から、車両は舵角に対して忠実に向きを変え、カーブを曲がり始めた後も旋回軌跡を拡大させにくい。
その一方でカーブを曲がっている最中にアクセルペダルを戻したりブレーキペダルを踏む操作を強いられても、後輪の接地性が高く安心できる。仮に横滑りを生じても、挙動変化が穏やかで対処しやすい。車両の挙動が唐突に変わらないから同乗者も快適だ。
このようにエクリプスクロスはボディ剛性を高めて挙動変化の素性が良く、購入後にチューニングを施しても優れた結果を得やすい。基本性能を入念に高めたため、さらに高い効果を期待できる。乗り心地は少し硬いが、タイヤが路上を細かく跳ねる動きは抑え込んだから、不快に感じない。速度が高まると快適になる性格は、欧州車風ともいえる。
この優れた走りを支える技術のひとつが、4輪制御のS – AWCだ。カーブを曲がる時は、必要に応じて内側の前輪にブレーキを作動させ、車両を積極的に回り込ませる。ボディを入念に造り込んだからこそ、この制御も十分な効果を発揮して、エクリプスクロスが備える走りの総合力を高めた。雰囲気が地味で選択の決め手に欠ける印象はあるが、運転すると良さを実感できる。車内が広いことからファミリーカーにも適する。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MITSUBISHI ECLIPSE CROSS Specification
全長×全幅×全高4405㎜×1805㎜×1685㎜
ホイールベース2670㎜
車両重量1550㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・1. 5ℓ+ターボ
最高出力110kW[150PS]/5500rpm
最大トルク240N・m[24.5kgf・m]/2000-3500rpm
駆動方式AWD
ミッションINVECS-Ⅲ 8速スポーツモードCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ225/55R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万6000円(価格帯:234万5000~286万6000円
※スペックは「G Plus Package.」グレード

 

問:三菱自動車工業株式会社

三菱自動車お客様相談センター TEL:0120-324-860