『CRIMSON MG DEMON』US 4×4カスタムルックをSUVの足元にインストール

クリムソンが考案するSUVホイール第2章


2000年代初頭は多くの車種で大口径ホイールが望まれたラグ系カスタムが盛り上がっていった時代だ。各自動車メーカーのSUV系車種も、かつての武骨さを払拭し洗練されたフォルムのモデルが次々に現われた時期と重なる。それに合わせクリムソンも4×4やSUV系にマッチするラグテイストを表現した〝マーテル〟シリーズをいち早く展開。しかしカスタムの世界はスタイリングテーマの移り変わりも実に敏感であることも事実。そうした熱いファンのさらなる要求に応えるべく同シリーズの派生モデルとして誕生させたのが「MGシリーズ」だった。

ネーミングの頭文字〝M〟はマーテルを指す。〝G〟はギアの意味。その名には4×4&SUV専用、加えてこれら車種の悪路走破性や重い車体を受け止める丈夫な道具の意味合いも秘めている。「MGシリーズのスタイリングテーマは、アメリカントラックや4×4モデルなどのカスタムホイールに見る煌びやかさとワイルド感の表現。しかしその中に都会的なセンスも持ち込むことで日本車や輸入車にもマッチするよう仕上げました」と、開発担当の西村さん。


各部表面処理で個性的なフェイスを表現


①センターキャップとディスク部にわずかな透き間があるがこれは計算のうちである。“浮遊感”を表現することで立体的なフォルムを構築したのだ。

②ディスク部に埋め込んだ“ビッグピアスボルト”により、足元に力強さを与える。またアウターリムにはリブを設けることでスパルタンなルックスをさらに盛り上げる。

③ディスク面に与えられたホールの角はマシニング加工を施し立体的なフォルムを表現。


MG DEMON


アメリカンカスタムホイールを連想させる丸型ホールデザインを採用した1 ピースホイール。


カラーは深々としたツヤを放つブラックサイドマシニングだ。


STREET LOCKでカスタマイズ


ストリートロックをアウターリムに装着することで、“ビードロックスタイル”を楽しめるパーツも用意。


カラーはハイパーシルバー/ブラック/レッドの3 タイプをオプション設定。


For TOYOTA C-HR装着


For TOYOTA LANDCRUISER装着


購入はこちら

もっと見る

2018/04/23

『MAZDA CX-3』「小さな高級車」をイメージさせる上質な乗り心地と緻密な運転感覚

カーブを曲がる時には前側を少し下げて確実に回り込む

先代CX – 5以降に発売されたマツダ車は、OEM車を除くと「スカイアクティブ技術」「魂動デザイン」に基づいて開発されている。すべての車種が同じ考え方を共有して、マツダ車の個性が従来以上に明確になった。
サイズが違っても技術の基本は同じだから、例えばアテンザに採用された機能は、時間を置かずCX – 3にも反映される。このように今のマツダ車は、頻繁に改良を受けながら進化している。
CX – 3は全長が4275㎜のコンパクトなSUVで、最小回転半径も5・3mに収まるから街中でも運転がしやすい。発売は2015年で、1・5ℓのクリーンディーゼルターボは進化を重ね、以前に比べると静かでスムーズになった。近々さらに改良を受けて、運転感覚を向上させる予定だ。
また2017年6月の改良では、2ℓのガソリンエンジンを割安な価格で追加して、安全装備の設定も拡大している。
そこで改めてディーゼルを搭載するCX – 3XDノーブルブラウン(2WD)を試乗した。ボディが小さく、プラットフォームやインパネの形状はデミオと同じだから、そのSUV版に見られがちだが、運転するとまったく違う。デミオもコンパクトカーの中では安定性と乗り心地に優れるが、CX- 3には重厚感が伴ってボディが大柄なCX – 5に近い。
乗り心地は路上の細かなデコボコを伝えないが、少し硬めだ。この感触もCX – 5に似ている。重いボディを確実に受け止めるために与えられたサスペンションのように感じる。実際の車両重量は1270㎏だから、CX – 5XDに比べて350㎏軽いが、重いクルマの乗り味だ。
つまりCX – 3は「小さな高級車」でもあるのだろう。ボディの大きさは実用性の優れたヴェゼルと同程度だが、性格は正反対だ。
運転感覚では、カーブを曲がる時の挙動にも注目したい。車両の前側を少し下げて、操舵角に応じて確実に回り込む。これもCX -5などマツダの上級車種に通じる挙動だ。
街中で運転のしやすい上質なクルマを求めるユーザーは、コンパクトな欧州車を購入する傾向が強いが、CX – 3も検討すると良い。ボディサイズの割に、明らかに走りの質が高いからだ。
そして前下がりの旋回姿勢は、魂動デザインの外観にも表現されている。走りに直接結び付くボディスタイルだから、ドレスアップしても決まるだろう。これは基本性能の優れたクルマにチューニングを施すと、期待通りの効果が得られるのに似ている。デザインも同じで、素性の良さが大切だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

MAZDA CX-3 Specification
全長×全幅×全高4275㎜×1765㎜×1550㎜
ホイールベース2570㎜
車両重量1270㎏
エンジン形式・排気量直4 コモンレール式ディーゼル+直噴ターボ・1.5ℓ
最高出力77kW[105PS]/4200rpm
最大トルク270N・m[27.5kgf・m]/1600-2500rpm
駆動方式FF
ミッション6速AT
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/トーションビーム式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ディスク
タイヤサイズ215/50R18
使用燃料・タンク容量軽油・48ℓ
車両本体価格(税別) 277万円(価格帯:195万~280万9260円)
※スペックは「XD Noble Brown」グレード

 

問:マツダ株式会社

マツダ㈱コールセンター TEL:0120-386-919

2018/04/23

GARAGE VARY『CX-5 Type-KE』フォルムにノイズを入れない、VARY流STYLE

フロントリップスポイラー TYPE-Ⅱ

センターエリアにアンダーガードをイメージさせるリブデザインを象っていた1作目に対し、スッキリとした形状に改められたT-2シリーズ。

リップ部の両サイドの出幅も、より拡大することでスポーティな顔つきを作り出している。

サイドガーニッシュ

現行モデルのKF型で得たデザインをフィードバックしたサイドガーニッシュ。

純正の素地パネルにアクセントを入れることで、ボディサイドの面積が広いSUVモデルに伴う“上下の間延び感”を払拭するのである。

リアアンダー

フロントと同様にバンパーのサイドまで回り込むデザインとし素地の部分をカバー。

これによりシャープな印象を作り出す。

フロントグリル

専用ガーニッシュ&ハニカムメッシュを採用したグリルキット。

なおレーダーセンサー装着車は一部機能に支障をきたす場合もあり。

オーバーフェンダー

約15㎜の出幅と共に、アーチ部も約20㎜下げることでワイド&ローフォルムとするオーバーフェンダー。

リアルーフリップ

純正ルーフスポイラーの上からカバーする方式により、流麗なフォルムを形成するスポイラーキット。

スポイラー端の部分を極力薄くデザインすると同時にわずかにロールアップさせたスタイルがスポーティな印象を増強!

Price
フロントリップスポイラーTYPE-Ⅱ  3万円
フロントグリル 3万5000円(FRP)/7万円(カーボン)
リアルーフリップ 3万円
リアアンダー 3万5000円
オーバーフェンダー 4万6000円
サイドガーニッシュ 4万円
※上記価格は税別となっております。

 

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp

2018/04/23

『HONDA VEZEL』求めやすい価格と優れた実用性を巧みに両立させたコンパクトSUVの代表車種

発売後に乗り心地や7速DCTを改善して快適性を大幅に向上

今は安全装備や運転支援の機能が充実して、環境性能も進化したためクルマの価格が全般的に高まった。これに伴い小さなクルマに乗り替えるユーザーが増えている。
この流れを受けて売れ行きを伸ばしたSUVがヴェゼルだ。全長を4400㎜以下に抑えたコンパクトなボディで、最小回転半径も5・3mに収まる。
その一方で室内はミドルサイズ並みに広い。燃料タンクを前席の下に搭載するなど、空間効率を高めたからだ。後席の足元空間も広く、大人4名が快適に乗車できる。
また荷室の床が低いから、積載容量にも余裕がある。後席を床面へ落とし込むように小さく畳むと、ボックス状の荷室として使うことも可能だ。
燃料タンクが前席の下にあるから、後席の座面を持ち上げると、車内の中央に背の高い荷物を積める。コンパクトなSUVながら実用性が高い。
エンジンは直列4気筒1・5ℓで、ノーマルタイプとハイブリッドを用意した。両車ともに直噴式で、実用回転域の駆動力が高い。エンジン回転の上昇に応じて、駆動力が直線的に高まり扱いやすい印象を受ける。
取材のために借り出したハイブリッドは、モーター駆動を併用するために、1・8ℓに匹敵する性能を発揮する。2018年2月に行われたマイナーチェンジで制御が改善され、発進時にアクセルペダルを踏んだ時の反応が素早くなった。
ハイブリッドは2組のクラッチを使う有段AT(7速DCT)を装着することも特徴だ。以前は低回転域でアクセルペダルを踏み込み、ギヤが自動的にシフトダウンする時などにスムーズさを欠いたが、今は改善されて違和感を抑えている。
全高は1605㎜だから、SUVでは天井が低めに抑えられ、走行安定性も満足できる。以前は乗り心地が硬かったが、今はかなり解消されて粗さを抑えた。
ヴェゼルはハイブリッドを含めて、大半のグレードに前輪駆動の2WDと4WDを用意する。SUVは悪路の走破も視野に入れて開発されているため、基本的には4WDを推奨するが、悪路を走らずにドレスアップを楽しむユーザーなら2WDでも良いだろう。ノーマルエンジンを搭載する2WDのXホンダセンシングは、安全装備を充実させて、価格は216万5000円とお手頃。ドレスアップやチューニングの予算も捻出しやすいだろう。ヴェゼルはいろいろなユーザーが本音で選べるSUVとなっている。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

HONDA VEZEL Specification
全長×全幅×全高4330㎜×1660㎜×1770㎜
ホイールベース2610㎜
車両重量1210㎏
エンジン形式・排気量直4ガソリン・1. 5ℓ+モーター
最高出力97kW[132PS]/6000rpm(エンジン)・22kW[29.5PS](モーター)
最大トルク156N・m[15.9 kgf・m]/4600rpm(エンジン)・160N・m[16.3kgf・m]
駆動方式AWD
ミッションCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/ド・ディオン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/リーディング・トレーリング
タイヤサイズ225/50R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・40ℓ
車両本体価格(税別) 270万9260円(価格帯:181万9445~270万9260円)
※スペックは「HYBRID Z・Honda SENSIG.」グレード

 

問:ホンダ技研工業

Honda お客様相談センター TEL:0120-112010

2018/05/15

『スバル新型フォレスター』歴代モデルに囲まれ5代目が堂々デビューを果たす

3代目になるぐらいから世界戦略車の頭角を発揮

新型フォレスターが世界初披露されるスバルのプレスカンファレンスが始まる1時間前にスバルブースに到着すると、一番前の予約席以外のフリースペースの席はすでに荷物を置いたりして争奪戦が進んでおり、残り数席となっていた。それだけ新型フォレスターの注目が高いのだと感じた。ステージセンターには天井部に新型フォレスターらしき車種が置かれているコンテナのような箱が置いてあり、そこから新型フォレスターが登場するのは容易に察しがついた。そのステージ中央部を囲むように、現行モデルを含む過去4世代モデルが並んでいた。歴代モデルに囲まれながら、次期型で5代目となるフォレスターがワールドプレミアされた。

スバル新型フォレスター「スポーツ」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ツーリング」

2018年6月末日国内正式発表予定

スバル新型フォレスター「ベースグレード」

2018年6月末日国内正式発表予定

2018/06/05

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』がSUVの本質を引き立てる

SUVのためのプレミアムホイール『SUVENCER』

SUVENCER AW5s(180度view)

Size :20×8.5
Hole :5
P.C.D. :114.3
Inset :35
Color :Crystal Black

問:ブリヂストンリテールジャパン

TEL:03-3563-6926

www.bs-awh.ne.jp