様々な要素を考慮し研究を重ねた機能美がSUVの本質を引き立てる『BRIDGESTONE SUVENCER AW5s』

SUVの特徴を強調すべく光の反射までも研究&開発


スポークタイプのアルミホイールは、その本数でイメージが大きく異なるし、例え同じ本数でも太さや形状の違いで全くの別物となる。ブリヂストンからリリースされているSUV用アルミホイール『AW5S』は5本スポークを採用するが、その意図とは…?

SUVの特性のひとつとなっている『スポーツテイスト』は絶対に外せない。そしてオンロードの都会的な要素とオフロードのクロスカントリー的な要素を両立しつつ、繊細さと力強さを兼ね備える…。いくつかの相反する要素を取り入れるとスポークには、それなりの太さが求められ、結果として大小を巧みに取り入れた5本スポークを採用しているのだ。

大小の組み合わせとした理由のひとつは、クルマのボディデザインに理由がある。ヴェゼルやハリアー、CX5など人気モデルはボディシルエットがシンプルで、光が当たった時にキレイに反射されるのが魅力。それをスポークに取り入れるため大きなスポークでフラットな面としたとのこと。

他にも近年流行っている『ひねり』を取り入れたり、大きいスポークのフラット面が単調にならぬようリムエンドに段差を付けて高級感を演出したり、細部まで徹底的にこだわって作られているのだ。


SUVENCER AW5s スパークシルバー(SS)


ディスクサイズは15、16、17、18、19、20インチの6タイプ。

カラーはそれぞれにスパークシルバーとクリスタルブラックが設定されている。


SUVENCER AW5s クリスタルブラック(CB)


ディスクサイズは15、16、17、18、19、20インチの6タイプ。

カラーはそれぞれにクリスタルブラックとスパークシルバーが設定されている。


SUVENCER AW5s(color:SS) with TOYOTA C-HR


SUVENCER AW5s(color:SS) with MAZDA CX-5


問:ブリヂストンリテールジャパン


TEL:03-3563-6926


www.bs-awh.ne.jp


購入はこちら

もっと見る

2018/04/25

日本随一の在庫量& 展示量を誇る ホイール 関係なら 迷わずにココ!『フジ・コーポレーション』

人気メーカーがずらり、その数に圧倒される

ホイールを選ぶ時に注意したいのは、写真と実物ではイメージが大きく異なるケースがあること。雑誌を見て気に入り購入したけど、実際に履かせたら想像と違った…
なんてケースは意外なほど多い。だからデザインはもちろんのこと、細部の作りまで自分の目でしっかりと確かめて選びたいもの。
それを強力にサポートしてくれるのが、日本全国に46店舗を構えるホイール&タイヤ専門店『フジ・コーポレーション』だ。

同店の最大のセールスポイントは日本随一とも言える『在庫量と展示量』。店舗によって数に多少の違いはあるものの、人気モデル、定番モデル、最新モデルなど様々なブランドが驚くほど豊富に展示されている。そして購入を決めて在庫があればすぐに取り付け可能。

充実した設備で迅速&丁寧に装着してくれるのだ。なおかなりの在庫を抱えているが、人気店故にお客さんも多数訪れるので、たまに在庫切れになることも…。その場合もすぐに補充するのでご安心。他に注目したいのは『ホイールの下取り』を行っていること。店舗限定で、サマータイヤとアルミホイールのセットを対象としているが、何とも嬉しいサービスだ。

写真は富谷WILD 店(宮城県)の店内風景だが、その展示数に初めて訪れた人は誰もが圧倒されることだろう。

問:フジ・コーポレーション

TEL:0570-090-115

www.fujicorporation.com/shop/

2018/04/23

『SUBARU XV』商品の数を抑えて渾身の開発を行うスバルだから可能になった円熟の1台

カーブでは穏やかにボディが傾いて、スポーツモデルよりも走りが楽しい

最近は「選択と集中」という言葉が使われる。コストを抑える必要が生じて、商品の種類を減らすなど合理化するようになった。
スバルはこれを昔から実践してきた。自動車メーカーでは規模が比較的小さく、メカニズムや車種の数を増やすのは得策ではない。その一方で前身が中島飛行機だから技術力は高い。
そこで軽自動車のスバル360を開発する一方、小型車は小さなボディで広い室内を確保できる前輪駆動車が適すると判断した。さらにクセのない優れた旋回が行えるよう、デファレンシャルギアを中央に置きたいと考えた。いろいろなエンジンを検討した結果、最も効率の優れた方式として採用されたのが水平対向だ。スバル1000に搭載されて65年に発表された。
それから50年以上を経た今でもスバルは水平対向エンジンを開発しており、軽自動車から撤退した後は直列式を手掛けていない。そして車種の数を少なく抑え、渾身の開発を行ってきた。「選択と集中」の歴史だ。
水平対向エンジンとの相性が良いことから70年代に4WDモデルを増やし、この流れでSUVにも積極的だが、XVはインプレッサスポーツがベースだ。インプレッサはスバルの主力車種で、現行型では新しいプラットフォームが採用された。
つまりXVは、インプレッサをベースにすることで、SUVと5ドアハッチバックの機能を併せ持つ優れた商品に造り込んでいる。
運転して感心するのは走行安定性だ。XVは悪路の走破力を高めるために最低地上高をインプレッサスポーツよりも70㎜高い200㎜に設定したが、スポーティに走っても不安を感じない。操舵感は正確でSUVとしては機敏に向きを変えるが、それ以上に後輪の接地性が高い。峠道から高速道路まで、さまざまな場面で安定した走りが行える。
特に峠道では、低重心のスポーツモデルとは違うSUVならではの楽しさを味わえた。高重心だからカーブではボディが相応に傾くが、挙動変化を穏やかに進めることで、スポーツモデルよりも「操る実感」が強まるのだ。もちろん単純に速さを競えばスポーツモデルが勝るが、XVは楽しくスマートに走るツボをしっかりと押さえた。
そしてXVは、SUVと5ドアハッチバックのメリットを兼ね備えるから、チューニングやドレスアップの幅も広い。余裕のある最低地上高を生かしたオフロード指向、あるいは車高を落とすオンロード指向の両方に対応できる。みんなで楽しめるSUVだ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

SUBARU XV Specification
全長×全幅×全高4465㎜×1800㎜×1595㎜
ホイールベース2670㎜
車両重量1450kg
エンジン形式・排気量フラット4直噴ガソリン・2ℓ
最高出力113kW[154PS]/6000rpm
最大トルク 196N・m[20.0kg・f m]/4000rpm
駆動方式AWD
ミッションリニアトロニック
サスペンション形式(F/R) マクファーソンストラット式/ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ225/55R18
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・48 ℓ
車両本体価格(税別) 248万円(価格帯:198万~248万円)

 

問:株式会社SUBARU

SUBARU お客様センター〈SUBARU コール〉 TEL:0120-052215

2018/05/09

『RAYS HFULLCROSS Rp5』スポーツマインドを秘めたNEWスタイル!

走りのパフォーマンスを全身で表現したフォルム!

装着モデルとして登場するC -HRをはじめ、ホンダヴェゼルなどといった、いわゆるクーペSUV系車種が持つ、スポーティでスタイリッシュなモデルへのマッチングを徹底的に考慮して象られたのが「Rp5」である。
一見、シンプルなツインスポークホイールに映るが、スポーク部をじっくり見ていただくとわかるとおり、ホイールセンターに向かってわずかに〝ひねり〞を加えたアンシンメトリーデザインとなっていることに気付くはずだ。これらの工夫によって、あたかもホイールが回転しているような動きを感じさせる、独特のルックスを表現している。
また、スポークのインサイド面は肉抜き部をあえて見せる一方、外側はなだらかな曲線で構成することで、シャープで力強いフォルムを作り出すことに成功した。
SUVにもスポーティな走りを望むユーザーにピッタリの1本に仕立てている。

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA C-HR装着

For TOYOTA HARRIER装着

問:レイズ

TEL:06-6787-0019

www.rayswheels.co.jp

2018/04/23

『NISSAN X-TRAIL』オフロードSUVに準じた走破力を備え3列シート車も選べる高人気の実力派

車高を下げるだけでなく高めるチューニングにも適する

SUVの中で安定して堅調に売れている車種がエクストレイルだ。初代モデルは2000年に発売され、アウトドアなどで使いこなせるタフなSUVとして人気を得た。分類上は前輪駆動をベースにした4WDを備えるシティ派だが、直線基調の外観を含めてオフロードSUV風の価値を高めた。
現行型は2013年に発売された3代目で、初代や2代目とは異なり外観に丸みを持たせた。それでも荷室に汚れを落としやすい防水加工を施すなど(ハイブリッドを除く)、タフなSUVの特徴は継承している。
エンジンは直列4気筒2ℓで、ノーマルタイプとハイブリッドがある。4WDの車両重量を売れ筋グレードで見ると、ノーマルエンジンが1540㎏、ハイブリッドが1580㎏だ。ボディが少し重いからパワフルではないが、実用的な加速力などに不満はない。
そしてJC08モード燃費はノーマルエンジンが15・6㎞/ℓ、ハイブリッドは20㎞/ℓだ。ハイブリッドの数値はノーマルエンジンの128%にとどまり、実用燃費もさほど良くないので、売れ筋はノーマルエンジンになる。
乗り心地は少し硬めだが、粗い印象はなく、走行安定性は2ℓエンジンを搭載したミドルサイズSUVとしては優れている。機敏に良く曲がる性格ではないが、4輪の接地性が高く、危険を避ける時でも運転の難しい状態には陥りにくい。
また4WDは電子制御される多板クラッチによって後輪に駆動力を伝える方式で、締結力を強めるロックモードも装着した。205㎜の最低地上高と相まって、走破力を向上させている。この素性を考えると、車高を下げるだけでなく、高めるチューニングを施して走破力を一層強化する楽しみ方にも適するだろう。
ボディサイズは全長が4690㎜、全幅は1820㎜だから、2ℓエンジンを搭載したSUVでは意外に大きい。2ℓを超えるCX – 5やアウトランダーと同程度だ。
そのために車内は広く、前席だけでなく、後席の頭上と足元にも十分な空間がある。ノーマルエンジン搭載車には、荷室にコンパクトな折り畳み式の補助席を装着した7人乗りも用意され、短距離であれば多人数の乗車も可能だ。
このようにエクストレイルは、前輪駆動ベースながら悪路の走破力にも配慮して、車内が広いためにミニバン的な価値観も兼ね備える。ファミリーからオフロード派のユーザーまで、幅広いニーズに応えている。高速道路の運転を支援するプロパイロットなど、先進的な機能も魅力だ。

フロントビュー

サイドビュー

リアビュー

NISSAN X-TRAIL Specification
全長×全幅×全高4690㎜×1820㎜×1740㎜
ホイールベース2700㎜
車両重量1450㎏
エンジン形式・排気量直4直噴ガソリン・2ℓ+モーター
最高出力108kW[147PS]/6000rpm(エンジン)・30kW[41PS](モーター)
最大トルク 207N・m[21.1kg・f m]/4400rpm・160N・m[16.3kg・f m(] モーター)
駆動方式AWD
ミッションエクストロニックCVT
サスペンション形式(F/R) ストラット式/マルチリンク式
ブレーキ形式(F/R) ベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ225/65R17
使用燃料・タンク容量レギュラーガソリン・60ℓ
車両本体価格(税別) 286万9000円(価格帯:203万5000~356万円)
※スペックは「2.0X HYBRID 4WD」グレード

 

問:日産自動車株式会社

お客さま相談室 TEL:0120-315-232

2018/05/22

GARAGE VARY『CX-5 KE前期専用』フォグランプパネル

フォグランプパネル(CX-5 KE前期専用)

純正バンパーに後付けするだけで、欧州車テイストの顔つきに変えられるのがこの製品の特徴。取り付けも両面テープで貼るだけとお手軽だ。

問:ガレージ・ベリー

TEL:048-469-1708

www.vary.co.jp