『BMW X5』先代イメージを踏襲しつつ内容は大幅な進化を果たした

日本導入は来年の予定


6 月6 日に発表されたばかりの最新SUV。全長/全幅/全高ともサイズアップ、5m 近いボディに最新のフルデジタル式メーターパネルを搭載、「オペレーティングシステム7.0」と呼ぶカスタマイズ可能な操作系などキープコンセプトながら内容は一新。エンジンは直6・3 リッターガソリンはじめ4 タイプ。将来的にはPHV 仕様も導入予定。

軽量化も果した新型プラットフォーム採用がもたらす走行性能の進化は要注目ポイント。


上下2段開閉タイプのテールゲートを採用しユーティリティは高い。


デザインそのものは従来同様BWWらしいテイストでまとめられている。


購入はこちら

もっと見る

2018/07/29

FUJI SPECIAL BRAND MITO 『ここに来ればどんなタイヤ&ホイールもバッチリOK!!』

タイヤ&ホイールのどんな要望にも確かな技術で対応

北関東自動車道路・水戸南ICを降りてすぐ、国道6号線沿いに位置する茨城県下2番目の店舗「フジ スペシャルブランド水戸店」。クルマでのアクセス性に優れた立地もあって1年前のオープン以来、休日ともなればフル回転状態のピットも珍しくないぐらい大人気。「技術&低価格」が売りのプロショップならではだ。
「スペシャルブランドはフジの中でも少し高級指向、上質感やシックな雰囲気を打ち出した店舗になります」。と及川健マネージャー。実際、ゆったりした店内には数々の商品が見やすく展示されており、落ち着いたカラーコーディネートもあってじっくり選べる雰囲気。ピットに目を向ければリフト2台に
24インチまで作業可能なタイヤチェンジャーをはじめ各種最新機器が待機、それを総勢7人のスペシャリストが扱うとくれば、タイヤ&ホイール選びに迷ったらここに行こう、と多くの人が考えるのも納得である。
「わからないことはどんどん聞いてみて下さい。要望をおっしゃっていただければお客様に最適な組み合わせをご提案致します」。展示されているホイールは実に常時300種以上!足を運べばきっとお気に入りが見つかる。

商品数の多さにもかかわらずゆったりした雰囲気が漂う店内。じっくりと品定めできる。

的確なアドバイスで迷える人に最適な組み合わせを提案する及川マネージャー。まさしくプロフェッショナル。

充実した設備&スタッフが完璧な作業を保証

まだオープン後1年というピカピカ店舗なだけあってピットもご覧の通り。オープンスペースで作業確認も容易。

青いプレートが持ち上がる埋め込み式リフトを2台設置。未作業時のスッキリ感は支柱がないタイプならでは。

最新式のタイヤチェンジャー。実に24インチというビッグサイズにまで対応が可能。

交換作業で必需品のナット類は作業しやすいよう一つの棚にキッチリまとめられている。

在庫スペースとなっている2階とのアクセスは効率良くベルトコンベアーで行う。

最新式のホイールバランサーが寸分の狂いもないウエイトバランスをもたらす。

ホイールのカスタマイズも提案!

DIY可能なホイールペイントの紹介。こうした遊び心あふれる展示もフジの魅力。

及川マネージャー(中央)を筆頭に親切&気さくなスタッフが勢揃い。タイヤ&ホイールに関することなら一から十まで知っている。

問:タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド水戸店

TEL:029-247-8880

www.fujicorporation.com/shop/

2018/11/01

『SUBARU FORESTER』5世代目に突入したスバルSUVの中核モデル

走破性能&ユーティリティーで確固たる地位を築いた

5月に先行予約がスタートした新型フォレスター。一見するとマイナーチェンジかと思ってしまうぐらいスタイルの変更は小さいが、もちろんフルモデルチェンジゆえ内容は一新。プラットフォームからパワーユニットまですべてが新しくなっている。
バリエーションに関しては当初2・5リッターのみとの噂も出ていたが、フタを開けてみれば国内仕様には2リッターハイブリッドも用意。ただし先代までのターボは消滅したため、事実上、これが後を継ぐ形となった。パワーはそれぞれ184馬力、145馬力&13・6馬力(モーター分)。すべて4WDと組み合わせ、トランスミッションもCVTのみとなる。
新世代プラットフォームSGPがもたらす高度な走行性能、アイサイトツーリングアシストやドライバーモニタリングシステムなどの先進安全装備、一部グレードで最低地上高220㎜を確保した走破性能など、まさに「万能」と呼べそうな仕上がりのSUVだ。

オフロードユースを意識したスポーティーグレード「X-BREAK」。

ルーフレールや17インチタイヤで外観を逞しくコーディネート。

体をしっかりホールドする形状のシートで長時間運転での疲労も抑える。

最大部で1300mmの開口幅を確保したラゲッジスペースで使いやすさに配慮。もちろん容量的にも不足はない。

2018/06/26

BEYOND その雰囲気、もはやスポーツクーペ『TOYOTA C-HR』

漂うオーラはストレートに「強さ」と「速さ」を主張

デビュー以来、人気街道まっしぐらなSUV、C ‒ HR。だが正直な話、オフロード走行を考えている人は少数派であることも事実。多くのユーザーはスタイル重視、すなわち見方によっては「嵩上げしたスポーツクーペ」的フォルムに魅力を感じて購入したケースが圧倒的だと思われる。
というわけでオンロード適性が非常に高いC ‒ HR、ならば突き詰めてみたいと考えるのもまた無理からぬ話。ビヨンドが提案するプラスローダウンのオンロード仕様、アーバンはこうした経緯で誕生と相成った。
目指したのはC ‒ HR最大の特徴、鋭さをさらに強調すること。純正と交換するフロント/サイド/リヤはどれも複雑な面やラインで構成され、迫力アップに貢献。とりわけビヨンドのアイデンティティとも断言できそうな、間にLEDを配したフロント/リヤのスリットは深く取られた彫りが立体感を浮かび上がらせ、一段と豊かな表情を獲得。名前通り都会のジャングルを縦横無尽に駆け回るシティ派SUVを具現化した。
見慣れたクルマだからこそ変化した際にはインパクトも絶大。ビヨンド、それは人と違うC ‒ HRに乗りたければ絶対に選ぶべき間違いのない選択なのである。

フロント/リヤそれぞれディテールを変えて特徴を強調する片側プラス20mmオーバーフェンダー。
エアサスローダウンゆえタイヤは被り状態。

サイドステップもフロント/リヤ同様に純正と交換するタイプ。
アンダー末端までシャープに仕上げたデザインが見事なまでのスピード感を実現。

マフラーエンド部もデザインの一部に取り入れたリヤハーフスポイラー。
こだわり抜いた造形美は見事なまでに全体の雰囲気とマッチしている。

美しく曲がったパイプが目を引くオリジナルエキゾーストシステム。
シャープなレスポンス&心地良いサウンドにより走りの楽しさもアップ。

フロントフェンダーからリヤピラーまでサイドビューを鋭く貫くステッカーも重要なアクセント。
装着するだけでスピード感がガラリと変わる。

C-HR URBAN Price
フロントハーフスポイラー 55,000(税別)
サイドステップ 66,000(税別)
リアハーフスポイラー(マフラーフィニッシャー付)  66,000(税別)
フロントダクトガーニッシュ(LED付)  44,000(税別)
オーバーフェンダー(片側+20㎜)  77,000(税別)
リアリフレクターガーニッシュ 22,000(税別)
クォーターピラーダクト 33,000(税別)
左右出しマフラー(ハイブリット車用)カーボン90φダブル 160,000(税別)
左右出しマフラー(ハイブリット車用)チタン90φダブル 160,000(税別)
左右出しマフラー(ハイブリット車用)真円90φダブル 150,000(税別)
※塗装済み設定有り。その他パーツに関しましては、ホームページをご覧ください。

問:BEYOND

TEL:0296-57-5155

http://beyond-suv.com/

2018/10/12

『ROADHOUSE KADDIS AR OUTLANDER』最小限のパーツで個性を引き出す!

スマートに乗りこなせる1インチアップスタイル

ネーミングの「AR4」とは、〝オールラウンド4WD〞の略。そのテーマに基づき、普段使いから休日のアウトドアの相棒としてステージを問わず使えるオールマイティさを備えたのが、アウトランダーベースのこの車両だ。
サスペンションは、1インチのリフトアップを可能とする、カディスアップコイルを装着。タイヤは、強靭な構造を持つBFグッドリッチ製オールテレーンの組み合わせとなる。さらにカディスAR4オーバーフェンダーキットにより迫力の足元を作り上げた。「AR4」のスタイルアップは、この3つのアイテムを基本に構成されているのである。
またオーバーフェンダー装着時の構造変更に必要な〝構造変更用ウインカー移設キット〞にも注目したい。フロントバンパーの両端に追加する方式の丸型ウインカーを内蔵したパネルキットは、純正フォグランプと相まって個人的にはパジェロやランサーなどの三菱エボリューションシリーズにも共通す〝強さを感じさせる顔つき〞と思えた。
ノーマルはどちらかといえばおとなしい印象のアウトランダー。しかしロードハウスの手に掛かれば…ワクワク感を全身で表現した魅力溢れる1台に大変身する。

ボンネットは大型インテークを備えフレッシュエアを導入。

さらにサイドには熱気排出用の多段式エアアウトレットが備わる。ダクト周囲の塗り分けもポイント。なお塗装は別途となる。

フォグランプ上の丸型レンズ周辺のパーツが“構造変更用ウインカー移設キット”。純正品のように自然なフォルムを構築する。

腰高なSUVでは荷物を積む際にバンパーにキズを付けがち。貼るだけでプロテクター機能とドレスアップを兼ねるアイテムも用意。

オーバーフェンダーの出幅はフロント25㎜、リヤ20㎜。

スプリングは1インチアップを実現するカディスアップコイル。

問:ROADHOUSE

TEL:048-963-7600

http://www.roadhouse.co.jp

2018/06/27

Sense Brand 愛車専用のマフラーをオーダーする贅沢

ワンオフというチョイス

愛車専用のマフラーを装着し自分だけのスタイルとサウンドを奏でる。そんな贅沢が手に入るのがワンオフマフラー。性能、音、デザインなどのこだわりは人それぞれだろう。ユーザーの希望を可能な限り聞き入れつつ、卓越したステンレス加工技術と経験を生かして作り上げてくれるのが神奈川県にあるセンスブランドだ。
マフラーと一口に言ってもその構成要素は多い。接続部のフランジ。消音を担当するのはサイレンサー。そしてそのマフラーが特別な1本であることをアピールするテールエンド。もちろん他の要素も多くあるが、センスブランドはそんなマフラー製作をデザインから製作までの全てを自社工場で行えるのだ。例えばサイレンサーはそれぞれのオーダーに合った音量と音質、性能を叶えるべく太さや長さ、数などを決める。そのサイレンサーは板を切り出し、曲げ、溶接し、磨いて自社内で完成させるのだ。またサイレンサーの位置やパイプ形状を自由に操れるということはオーナーにとって最適なデザインにできるということ。さらにテールエンドのバリエーションはなんと38タイプものラインナップがある。これらを組み合わせることで世界に一つだけのマフラーを作り上げるのだ。
そして同社最大の特徴といえるのが卓越した技術をもつ職人たち。ステンレスを意のままに操り、作りだされるマフラーは音量や音質、性能など全てをコントロール可能とするのだ。その技術は近年厳しくなった加速騒音規制に適合させることも、モアパワーを求めた競技仕様にすることも可能だ。さらに製作期間はなんと1日(事前に相談及び予約が必要)。無料の代車もあるので、クルマを預けている間に湘南へドライブ、なんてことすら可能となる。このスピードも高い技術力の証なのだ。
もはや芸術品と呼びたくなるほどの美しい姿のワンオフマフラーは、あなたのクルマを最上の一台へと引き上げてくれるだろう。

サイレンサー内部で消音の役目を果たすパンチングメッシュパイプも板から切り出して作るのだ。

美しさにもこだわるのがセンスブランド。
SUS304のフランジは鏡面加工を施し(右側)、オーナーの所有欲を満たす。

サイレンサー内部のグラスウールの量も音質や音量のオーダーに合わせてカットし、最適な分量をサイレンサーに投入します。

テールエンドの種類は実に38種類。
それぞれにオプションがあるので、自分だけのリアビューを作りだせるのだ。

手元のリモコンで低音と高音を切り替えられるスーパーラグジュアリーエキゾースト。

こちらはテールエンドラインナップの中でもハイエンドのリヴォルバーシリーズ。テール先端部に好きな文字を刻みこむことができる。
またセンスブランドの独自技術によりエンド内部にサイレンサーを入れることで重低音にすることもできる。

文字を入れないことも可能。
また音質は重低音だけでなく重静音タイプを選ぶことも可能だ。

スーパーラグジュアリーエキゾーストは排気管中にバルブを入れ、それをリモコンで調整することで音域を変化させる、究極のワンオフテクノロジーを使ったマフラーだ。

問:Sense Brand

TEL:0467-38-7432

www.sensebrand.jp/